次々に動物の死骸 嫌がらせ 電磁波トラブル

動物の死骸での嫌がらせは非常に陰湿なものです。恐怖を感じる嫌がらせでしょう。その意味を知りたいと思うのではないでしょうか。電磁波による嫌がらせのご相談も増えており、巧妙な嫌がらせは早期対策が必要です。思考盗聴対策センターへご相談ください。

 

思考盗聴 嫌がらせで合図 動物の死骸

切られた動物の死骸が次々と発見される事件が起こりました。
千葉県市川市南八幡5丁目の路上で、首を切られたコガモ1羽の死骸を通勤途中の女性が見つけました。
発見した女性の夫が110番通報しています。
船橋市でも首のない鳥や耳を切られたウサギが見つかっています。
警察は関連を調べています。
コガモは体長約23センチで、ハサミのようなもので首を切られていたといいます。
警察署員がかけつけたときは腹部を上にした状態だったようです。しかも、頭部や凶器は見つかっていません。
署は鳥獣保護法違反(捕獲)の疑いで調べています。

この問題の前日9月30日には、船橋市金杉台の団地の草むらで首のない鳥1羽の死骸が発見されています。
また同29日には船橋市夏見で両耳と下腹部が切られたウサギ1匹が見つかっているといいます。

 

思考盗聴 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視 音声送信

盗聴、盗撮、嫌がらせ、監視対策、思考盗聴の対策だけではなく、
近隣トラブル(ご近所トラブル)や職場トラブルのご相談も増えています。
思考盗聴対策センターへご相談ください。

 

 

 

次々に動物の死骸 嫌がらせ 電磁波トラブル
Tagged on: