思考盗聴対策 職場トラブルを放置すると二次被害が・・脳内盗聴

 

職場での嫌がらせ被害者には盗聴や盗撮のみならず、考えていることを先読みされて様々な工作を行われるケースもあるようです。
思考の盗聴が長引くと仕事もうまくいかず、人間関係も思うようにならないなど社会生活自体を脅かす問題に発展することも少なくありません。
引きこもりがちになり、人との関わりを絶つように仕向けられることも考えられます。
社会から抹殺される前に対策を取りましょう。

思考盗聴 解決手段 解決方法

 

職場で孤立 職場からの盗聴盗撮 嫌がらせを解決する

 

建設会社の寮で同僚が刺し殺されるという事件が起こりました。
この事件は7日午前0時35分ごろ、大阪府堺市西区上の建設会社の社員寮で起こりました。
「刃物で同僚が刺された」と119番があったようです。
警察によると、この寮の廊下で男性が脇腹を刺されていたようです。
倒れていた男性の横にはナイフ(刃渡り約20センチ)が落ちており、
刺された男性は寮に住む40代の男性で、病院に搬送されましたが死亡しています。

事件現場の近くに血のついた服を着た男がおり関与をほのめかしたため、
殺人未遂容疑で現行犯逮捕したようです。
逮捕された男はこの寮に住む建設作業員の50代の男性でした。
「ばかにされ、腹が立ったので刺した」などと供述しているようです。

 

思考盗聴からくる指示や命令

音声送信を防ぐ方法 音声とラブル回避方法

馬鹿にされたり、脳内に直接悪口を言われるなど、気持ちを高揚させられることはありませんか?
常に監視されている状態でのほのめかしは精神的にも辛い事です。
しかし、相手の言うことに逐一反応するのは危険です。
思考盗聴対策センターへご相談ください。

 

 

 

思考盗聴対策センターお問い合わせ
思考盗聴対策センターお問い合わせ 秘密厳守で安心
思考盗聴対策 職場トラブルを放置すると二次被害が・・脳内盗聴
Tagged on: