早期対策!脳内盗聴から精神疾患者に仕立て上げられる!

精神的に追い詰められる嫌がらせでお困りではありませんか?負の情報を吹き込み、過去をあざ笑い、ブレインハッカーを使った嫌がらせのご相談も寄せられています。
自分だけに聞こえる声の命令に従っていませんか?脳内盗聴は思考盗聴対策センターへご依頼ください。
思考盗聴の日常化が招く最悪の事態

職場で行われるブレインコントロール

文科省調査結果 精神疾患で休職教員5009人
様々な職業のもとで嫌がらせが多発しているようです。
2015年度にうつ病などの精神疾患で休職した公立学校の教員の調査結果が出たようです。
なんと5009人に上ることが、文部科学省の調査で分かりました。
2014年度に比べ36人減ったとはいうものの、
2007年度以降5000人前後で高止まりしているようです。
この調査結果によると、病気休職者は7954人でした。
そののうち6割強を精神疾患が占めるものとなっています。
在職者に占める精神疾患の教員の割合を学校別にだした調査結果では、
中学校0.64%(1524人)
小学校0.55%(2237人)
高校0.37%(683人)
中等教育学校0.30%(5人)。
男女別では男性0.51%、女性0.57%という結果になっています。
思考盗聴 解決手段 解決方法

脳内を読み解かれるとこうなる!ブレインストーカー

思考盗聴や脳内盗聴だけではなく、考えていることを分析して、ターゲットにしか分からないように話しかけられたりののしられたりしているケースがあるようです。
過去にさかのぼって考えてみると、数年前から始まったという被害者の声もあります。
対策を怠ることで、自体が複雑化してしまう可能性が高くなります。
早期解決のためには出来るだけ早く原因究明が必要でしょう。
別では男性0.51%、女性0.57%という結果になっています。
思考盗聴対策センターお問い合わせ
思考盗聴対策センターお問い合わせ 秘密厳守で安心

 

脳内を読み解かれるとこうなる!
Tagged on: