病院トラブル対策 思考盗聴や嫌がらせ

公共の場でも安心できない思考盗聴の被害。個人情報を不用意に持ち出されたり、じろじろと見られる、監視されることもあるようです。悪意がある場合もあればないこともあり、判断が難しいとも言えるでしょう。よく観察し分析することで分かることも多いので諦めずに対策を行いましょう。

 

不届きな看護師のトラブル

兵庫県は県立病院に勤務する40歳の男性看護師を懲戒免職処分となったようです。

病院に救急搬送された患者の財布から現金35万円を盗んだ看護師が処分されました。
兵庫県立尼崎総合医療センターの40歳の男性看護師は、病院に救急搬送された男性患者が検査を受ける時に財布から現金35万円を盗んだ疑いがもたれています。
防犯カメラに所持品をさわる看護師の様子が映るなどしていようです。

看護師は容疑を認めており不起訴処分となりました。

 

思考盗聴 心理盗聴 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視 音声送信

安心できる環境でなければならない病院で残念です。

盗聴、盗撮、嫌がらせ、監視対策、思考盗聴の対策だけではなく、
ご近所トラブルや職場トラブルのご相談も増えています。
思考盗聴対策センターへご相談ください。

 

思考盗聴対策センターお問い合わせ
思考盗聴対策センターお問い合わせ 秘密厳守で安心

お名前 (必須)

ふりがな (必須)
 

ご住所(必須)
 

電話番号(必須)
 

メールアドレス (必須)

性別(必須)
 男性女性

年代(必須)
 

検索ワード(必須)
 

調査について(必須)

その他を選んだ場合
 

相手について(必須)
 

その他を選んだ場合
 

題名

内容

※メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
数日たっても返信が無い場合は、お客様のメールが届かないように設定されている可能性があります。当社からのメールが届くように変更して、もう一度こちらのメールホームからお問い合わせください。
※無料相談はしておりません。ヒアリングから費用を頂いております。

病院トラブル対策 思考盗聴や嫌がらせ
Tagged on: