宗教トラブル 檀家 金銭問題 和歌山

宗教トラブルから発展した嫌がらせのご相談が増えています。電磁波トラブル解決110番へご相談ください。
金銭のトラブルや脱会などの問題から執拗な嫌がらせに発展するケースも多く、問題になっています。近隣トラブルや誹謗中傷などにつながることもあり、早期解決が必要でしょう。

 

住職 檀家トラブル 不正

和歌山県有田市の住職が、法要に訪れた檀家の家からお供えの現金の入った袋を盗んだ事件がありました。

再逮捕されたのは、和歌山県有田市にある「光禅寺」の44歳の住職です。
お盆の法要で訪れた檀家の家で仏壇に供えてあった袋6つ合計3万円を持ち帰った疑いがもたれています。
警察の取り調べに対し、藤原容疑者は「盗みました」と話しているそうです。

この住職は、同じ日に別の檀家の家からも現金2万3千円が入った袋を盗んだ疑いですでに逮捕されています。
8月10日からの4日間にこの住職が訪問した11軒の家からも、現金あわせて24万円が入った袋が相次いでなくなっており、
被害届が出ていました。警察は関連を調べているようです。

 

思考盗聴 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視 音声送信

思考盗作は証明が難しい問題です。諦めずに対策を行いましょう。
盗聴、盗撮、嫌がらせ、監視対策、思考盗聴の対策だけではなく、
近隣トラブル(ご近所トラブル)や職場トラブルのご相談も増えています。
思考盗聴対策センターへご相談ください。

 

 

 

宗教トラブル 檀家 金銭問題 和歌山
Tagged on: