電磁波被害と対応策 電磁波による嫌がらせの対処方法

電磁波は目に見えるものではありません。だからと言って嫌がらせに利用されている場合は、放置しておくことで二次被害へと発展することも。
盗聴器や盗撮カメラを遠隔操作しているケースもあり、個人情報やプライバシーが
ダダ漏れになってい状態を野放しにはできないでしょう。
明確な被害が実証されない限り、警察などの対応を望むことは難しいといえます。
思考盗聴 解決手段 解決方法

電磁波被害の対応を間違えるとこうなる 最悪の結果

淡路島 最悪の事態で殺人犯に
兵庫県の淡路島にある洲本市の民家で2015年に殺人事件が起こりました。
50代から80代の男女5人がサバイバルナイフで複数回刺され殺害された事件です。
この事件で殺人罪などに問われているのが近所に住むの無職の42歳の男性でした。
裁判員裁判では、求刑通り死刑の判決が下されました。
この事件の被告には精神障害による入通院歴があったようです。
公判では「工作員に電磁波で操られていた」などとして起訴内容を否認していました。
検察側は「殺害行為に妄想の影響はなく、完全な責任能力があった」と主張しています。
しかし弁護側は「精神障害による妄想がなければ事件は起きていない」と反論しています。
心神喪失か、軽減できる心神耗弱で責任能力を判断しているようです。
思考盗聴からくる指示や命令

嫌がらせ被害を主張する方法 証拠の確保

盗聴や盗撮、電磁波など嫌がらせを受けている方、一人で何とかしようとしても難しいこともあります。
自分で考えても手におえない場合は、費用をかけて依頼することも検討してください。
思考盗聴対策センターでは、無料相談はしていません。
依頼して頂いた方のみにお時間を費やしています。
調査も重要です。ヒアリングと調査依頼から検討してください。
思考盗聴対策センターお問い合わせ
思考盗聴対策センターお問い合わせ 秘密厳守で安心
電磁波被害と対応策 電磁波による嫌がらせの対処方法
Tagged on: