思考盗聴 電磁波 危険 思考盗聴対策

思考盗聴の原因として最も多いのは、電磁波による嫌がらせだと言われています。
盗聴だけではなく、音声を送信されることもあり、思考が定まらなくなることもあり、
注意力が欠けることもあるでしょう。
事故などにつながることもあり、対策が必要です。
思考盗聴対策センターへご相談ください。

 

静岡県 感電事故 柵に電気を

静岡県西伊豆町で2人が死亡した感電事故がありました。

日本各地の動物被害に苦しむ地域にとって、電気柵は欠かせない物です。

西伊豆町で2人が死亡した事故では、8歳の子どもが、電気柵に触り、助けようとした大人たち6人が相次いで感電したとみられています。
物置のコンセントや電線などを調べたうえで、柵に電気を流して、電流や電圧を確認するようです。
また、現場には献花台が設けられ、地元の人が花を手向けています。
献花に来た地元の人は
「子どもですから、ケーブルとかを触っちゃったと思うんです。親はやっぱり親ですから、命を守るために、すっと飛び込むと思うんです」と語っています。

 

思考盗聴 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視 音声送信

濡れた状態であったことも悲しい事故の原因になっていると思います。

盗聴、盗撮、嫌がらせ、監視対策、思考盗聴の対策だけではなく、
近隣トラブルや職場トラブルのご相談も増えています。
思考盗聴対策センターへご相談ください。

 

思考盗聴 電磁波 危険 思考盗聴対策
Tagged on: