精神科医の嫌がらせ なりすまし 思考盗聴

病院に行って、いやがらせを受けた経験がる方も多いと思います。病院では名前や生年月日だけではなく、住所や電話番号、そして病歴など個人情報が溢れています。情報の漏洩だけではなく嫌がらせに利用されることもあり、思考盗聴被害に遭っている方も不安を感じることでしょう。情報は漏洩することで二次被害や三次被害へと問題が大きくなります。

 

なりすまし犯 精神科医師

「あなたの名前かたった」と患者本人に告白してなりすまし事件が発覚するという陳腐な事件が起こりました。
自身が担当する 患者名で反則切符に署名した疑いのある医師が逮捕されました。
私文書偽造事件で、有印私文書偽造・同行使容疑で逮捕されたのは京都市上京区の心療内科医の42歳の男でした。
交通反則切符に自分の患者の名前で署名し、交通違反を逃れようとしたようです。
なんと患者の男性に対し、
「交通違反をした際、あなたの名前をかたった」という発言をしていたことで事件が発覚しました。
男性が自分の違反歴を照会したことで、事件が発覚したという。
通院患者の男性名義の身分証明書を持参しており、余罪もあるかもしれません。

 

思考盗聴 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視 音声送信

どうして、暴露したのでしょう。
本人に何か問題があったのかも・・・

盗聴、盗撮、嫌がらせ、監視対策、思考盗聴の対策だけではなく、
ご近所トラブルや職場トラブルのご相談も増えています。
思考盗聴対策センターへご相談ください。

 


お名前 (必須)

ふりがな (必須)
 

ご住所(必須)
 

電話番号(必須)
 

メールアドレス (必須)

性別(必須)
 男性女性

年代(必須)
 

検索ワード(必須)
 

調査について(必須)

その他を選んだ場合
 

相手について(必須)
 

その他を選んだ場合
 

題名

内容

※メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
数日たっても返信が無い場合は、お客様のメールが届かないように設定されている可能性があります。当社からのメールが届くように変更して、もう一度こちらのメールホームからお問い合わせください。
※無料相談はしておりません。ヒアリングから費用を頂いております。
 

精神科医の嫌がらせ なりすまし 思考盗聴
Tagged on: