盗聴盗撮とプラバシーの侵害を考える!ドライブレコーダー

芸能人の事件からも盗聴盗撮集団が指摘されているようです。薬物を理由にしていますが、実際には金銭を支払って利用したタクシー内の映像や、タクシードライバーへのインタビューも放送されていました。
これを盗聴や盗撮と判断するかしないかは個人によって違うのでしょうが、良い感情はしないでしょう。
思考盗聴 解決手段 解決方法

芸能人逮捕直前のタクシー内映像放送は盗聴盗撮

歌手の覚醒剤取締法違反の逮捕劇が世間を騒がせています。
疑いで逮捕される直前に乗車していたタクシー内のドライブレコーダーの映像がテレビ各局で放送されました。
撮影していたタクシーは東京都内を走行していました。
後部座席でマスク姿の容疑者が
「わけあって家の前に人がいっぱいいるんですけど、ギリギリに止めてください。」などと指示を出したようです。
容疑者が警察に出頭する直前で、報道陣が集まっていた自宅前にそのままタクシーで到着しました。
各局で放送されたドライブレコーダーの映像は後悔しても良いものだったのでしょうか。
盗聴盗撮が巷で横行してるという指摘通りではなどというツイートも流れたようです。
 思考盗聴の二次被害を防ぐ方法

盗聴盗撮集団からの流出 ネット流出

タクシーの車内映像がテレビから流出した会社のコンプライアンスはいささか疑問がもたれています。
それ使うテレビは放送についても倫理として問題はどなのでしょうか。
しかし、これが現実に起こったことであるのは間違いありません。
思考盗聴対策センターお問い合わせ
思考盗聴対策センターお問い合わせ 秘密厳守で安心

 

盗聴盗撮とプラバシーの侵害を考える!ドライブレコーダー
Tagged on: