盗聴盗撮とプラバシーの侵害を考える!ドライブレコーダー

芸能人の事件からも盗聴盗撮集団が指摘されているようです。薬物を理由にしていますが、実際には金銭を支払って利用したタクシー内の映像や、タクシードライバーへのインタビューも放送されていました。
これを盗聴や盗撮と判断するかしないかは個人によって違うのでしょうが、良い感情はしないでしょう。
思考盗聴 解決手段 解決方法

芸能人逮捕直前のタクシー内映像放送は盗聴盗撮

歌手の覚醒剤取締法違反の逮捕劇が世間を騒がせています。
疑いで逮捕される直前に乗車していたタクシー内のドライブレコーダーの映像がテレビ各局に放送されてました。
これに対してSNSユーザーが猛反発しているようです。
情報番組などでは、歌手の容疑者の逮捕前の行動がわかってきたなどとしてタクシー車内のドライブレコーダーの映像を公開しました。
内容は28日の午後6時ごろに撮影されたというタクシー内の映像です。
都内を走行しているなか、後部座席に座る、マスク姿の容疑者が映されていました。
「わけあって家の前に人がいっぱいいるんですけど、ギリギリに止めてください」などという指示もあったようです。
報道陣でごった返していた自宅前にそのままタクシーで到着しています。
このようなドライブレコーダーの映像は各テレビ局で放送されることになりました。
ツイッターなどでは「乗ってたタクシーのドライブレコーダーの映像が公開されるってどういう事?」
「まさしく、盗聴盗撮が巷で横行してるという指摘通りなんですが」
などという声があがりました。
「タクシーの車内映像とかタクシー会社のコンプライアンスいったいどうなってるんだ」
「それ使うテレビは放送倫理として問題は無いのか」
「社会的な大事件だと思う」という意見も上がっています。
思考盗聴対策はお早めに 思考盗聴対策センター

思考盗聴とドライブレコーダー

情報化社会です。一旦出た情報の回収はたいへん難しいと言えるでしょう。
ドライブレコーダーを公表するというのは、非難されてもある意味しかたがないことかもしれません。
会社として、組織としてどのように考えているのか不安もあります。
しかし、これが現実であることも念頭に置いておく必要があるそう実感させられた問題でした。
思考盗聴対策センターお問い合わせ
思考盗聴対策センターお問い合わせ 秘密厳守で安心

 

盗聴盗撮とプラバシーの侵害を考える!ドライブレコーダー
Tagged on: