思考盗聴 注意力欠陥 音声送信の影響

思考盗聴でお困りの方は、思考盗聴対策センターへご相談ください。一日中音声を送信されることにより、思考が定まらなくされてしまうこともあるようです。極度の注意力の低下から、ケガや事故を起こしてしまうこともあります。命の危険があるケースもあり、早期対策が必要です。思考盗聴対策センターへご依頼ください。

 

高所平気症の子供たちが急増 高層マンション 恐怖心の欠如

ベランダから子供が転落し、命を落とす事故が後を絶たないようです。
これはマンションで生活する子育て世帯の増加により、幼少期から高い場所で生活していて高所に恐怖心を抱かない「高所平気症」の子供も増えているのではないかという見方もあります。
東京消防庁によると、乳幼児の高所からの転落事故は、平成23~25年の間に65件発生しているようです。
そのうち、56人が重症以上と診断されています。
ベランダからの転落事故の多くは「子供だけが室内に残っているとき」に発生していると考えられているようです。
しかし、大人の場合はどうでしょう。
思考盗聴から音声送信被害が始まっているケースでは、自殺をそそのかされることもしばしば耳にします。
危険な行為を強要される被害は多いのです。

 

思考盗聴 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視 音声送信

通常では起こらないことを起こさせられる可能性が高い思考盗聴は、恐ろしいものです。

盗聴、盗撮、嫌がらせ、監視対策、思考盗聴の対策だけではなく、
近隣トラブル(ご近所トラブル)や職場トラブルのご相談も増えています。
思考盗聴対策センターへご相談ください。

 

 

思考盗聴 注意力欠陥 音声送信の影響
Tagged on: