ドローン 監視 援助

少年がドローンを使った動画の援助を行った成人が問題になっています。
オトナでは行わない事でも、子どもは安い金額で動きます。
利用するものと、利用される側がいるのが社会です。

 

ドローン少年 支援 組織

祭事を妨害したとして、15歳の少年が逮捕されました。
逮捕のきっかけとなったのは、ネット中継での自らの発言だったようです。
警察の取り調べに対し、少年は反省の態度は見せていないそうです。

パソコンを使ったインターネット中継を家族から注意されていたそうです。
ネットでは
「俺からパソコンを取ったら、何も残らないんだよ。俺は、これが生きがいだもん」、
「家族が俺の放送を邪魔するんだよ!」、
「スマホがなくなるんだよ」と、叫び声を上げていたようです。

このドローン問題の少年は中学時代は不登校で、卒業後、高校には進学していなかったようです。
自宅などで過激なネット中継を繰り返していました。

警視庁は、自宅から、およそ15万円するというドローン1体とパソコン、タブレットを押収しています。
しかし少年は、親から小遣いをもらっていなかったそうです。少年は、動画配信を行うことで収入を得ていました。

少年のウェブサイトを見ると、オリジナルグッズの販売のほか、金銭的な支援者を求めるページや広告のスペースがあり、支援者もいたようです。少年は、動画配信を行うことで収入を得ていたという。

 

思考盗聴 トラブル 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視

盗聴、盗撮、嫌がらせ、監視対策、思考盗聴の対策は、思考盗聴対策センターへご相談ください。
※無料相談はしていません。

 

ドローン 監視 援助
Tagged on: