スマホがオカシイ!思考盗聴でネット被害にあった時の解決方法

スマートフォンや自宅のパソコンがオカシイ、遠隔操作されているというご相談が寄せられています。
契約内容を再確認して、問題ない場合は調べる必要があるでしょう。
インターネットの検索結果で、考えていることや予定が相手に分かる可能性も指摘されています。
監視の対象になっている場合は、早期対策をお勧めします。
思考盗聴からくる指示や命令

脳内盗聴とサイバー攻撃対処方法

銀行へサイバー攻撃 公聴会で証言も

アメリカのインターネットセキュリティ大手が、議会上院の公聴会で証言し、
バングラデシュなど複数国の銀行で起きているサイバー攻撃につてい指摘したようです。

上院の国土安全保障委員会で証言したインターネットセキュリティ大手は、
2016年2月に起きたバングラデシュ中央銀行の巨額不正送金事件について、
「サイバー攻撃で8,100万ドル(日本円でおよそ93億円)を奪ったのは、国家ぐるみの犯罪だ」などと述べたようです。
「ソニー・ピクチャーズ」へのハッキングと、同じ手口だとの指摘もあるようです。
30カ国以上の銀行を狙ってサイバー攻撃を仕掛けた可能性もあるようです。
思考盗聴 脳内盗聴 音声送信
思考盗聴 脳内盗聴 音声送信

サイバー攻撃と思考盗聴 音声送信

大掛かりな組織的な嫌がらせは、思いもよらない所で起こっている可能性があります。
一個人をターゲットにした嫌がらせは、対応が難しいこともあります。
諦めずに対策を行うことで、生活の不安を取り除くことを怠ってはいけません。
できることから手を付けるようにしましょう。
まずは、現状の把握から始めましょう。
思考盗聴対策センターへご依頼ください。
思考盗聴対策センターお問い合わせ
思考盗聴対策センターお問い合わせ 秘密厳守で安心
スマホがオカシイ!思考盗聴でネット被害にあった時の解決方法
Tagged on: