体調不良 思考盗聴

思考盗聴の被害は、精神的にも肉体的にも辛い状況に追い込まれることがあります。
夜に眠れなくなったり、仕事に集中できなくなったり、
ミスやケガが増えることもあり、体調に影響をきたすようにもなります。
早期対策が必要です。
思考盗聴対策センターへご依頼ください。

 

 

巡業で目腫らしコンタクト禁止

モンゴル出身の人気力士、逸ノ城が医師から「コンタクトレンズ禁止令」を受けたとが分かりました。
先月31日の兵庫・姫路市巡業で誤った使用法が原因で右目が腫れ、待ったがかかったと言うのです。

逸之城は「だいぶ良くなったけど(医師に)しばらくつけるなと言われた」と話しています。
「詳しいことは分からない」という視力は0・2程度で、関取になった昨年5月頃から毎日交換するソフトの使い捨てを使用していたそうです。
しかし、「(毎日の交換は)面倒くさい」とつけっぱなしになることがあり、今回も1~2週間、外さずにいたようです。

現在は毎日3種類の目薬を差して治療し、眼鏡をかけるか裸眼で対応しているそうです。
視力が悪いと自覚したのは、故郷で移動式テント「ゲル」で生活していた8歳の頃で、父に羊など家畜の世話を頼まれたが、広い高原だと見つけられなかった事がきっかけでした。

 

 

思考盗聴と健康管理

健康あっての生活です。自分を大事に「楽」に負けないように頑張りましょう。

思考盗聴のご相談は、思考盗聴対策センターへご依頼ください。

 

体調不良 思考盗聴
Tagged on: