思考盗聴被害者のご家族の方へ

思考盗聴被害者のご家族からのご相談が増えています。
考えたことが外部に知られる、頭の中で考えたこと、思った事すべてが知られるなどと言うことが起こるのだろうか。
何が真実で、どこから疑えばよいのか分からない。
今まで、真面目だった家族がおかしくなったと困惑しているかもしれません。
隣の部屋からの嫌がらせだと思い込み、引越しをしても状況が一向に変わらないケースもあります。
こういった事から家族トラブルだけではなく近隣トラブルや職場トラブルなど外にまで問題が発展することもあります。
思考盗聴対策センターへご相談ください。
※無料相談はしていません。クライアントのみの対応ですのでご依頼ください。

思考盗聴から起こる二次被害 被害の拡散

思考盗聴の恐ろしいところは、盗聴されているだけではないことです。頭の中を盗聴されるふあんだけではありません。音声を送信されたり、思考をコントロールされることもあります。自殺をほのめかされたり、攻撃性をうませるように思考を操られることもあります。初めのうちは、無視することが出来ていた声も、時間を追うごとに自然に入り込んでこられます。音声送信による情報が正しいものであるとは限りません。

しかし、思考盗聴や音声送信被害が長期続くことで疑わなくなる傾向がります。思考がコントロールされてしまう可能性があるのです。これは大変危険な傾向です。社会性が失われてしまう第一歩であると考えられます。

 

転職を繰り返したり、近隣住人の監視行為などに攻撃性を持ち始めると危険です。

近隣トラブルや、社内トラブル家族トラブルなどと言った問題の拡散につながります。不満やストレスなどから暴力的になることもあります。早期対策が必要です。
ご家族や交際相手が思考盗聴を訴え始めたら、それはあなたに対するSOSのサインです。
見逃さないようにして下さい。
思考盗聴対策センターでは、無料でのご相談はお受けしていません。
真剣に解決に向けて取り組む方のみご連絡お待ちしております。

現状を把握するために調査を依頼してください!

家族の不安な発言や行動をきっかけに、ご家族の方からご依頼を頂くケースが増えています。

「息子が会社でもめているようだ・・・」

「娘が職場で嫌がらせを受けている」

「母が何だかわからないけれど、不安を感じているようでどうしてよいのか分からない」

「息子の行っていることは本当なのか?」

疑問を解消するためにも調査で真実を明らかにすることは必要です。起こっている事実に対して的確な対策を行いましょう。まずは、現状調査とヒアリングをセットでご依頼いただくことをお勧めします。無料でのご相談には一切お答えしていません。現状が分からないことに対して考える時間は無駄です。真剣に解決したいと考える方はご依頼ください。

お名前 (必須)

ふりがな (必須)
 

ご住所(必須)
 

電話番号(必須)
 

メールアドレス (必須)

性別(必須)
 男性女性

年代(必須)
 

検索ワード(必須)
 

調査について(必須)

その他を選んだ場合
 

相手について(必須)
 

その他を選んだ場合
 

題名

内容

※メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
数日たっても返信が無い場合は、お客様のメールが届かないように設定されている可能性があります。当社からのメールが届くように変更して、もう一度こちらのメールホームからお問い合わせください。
※無料相談はしておりません。ヒアリングから費用を頂いております。


思考盗聴対策センターでは、無料相談はしていません。真剣に解決に向けてお考えの方のみご連絡お待ちしております。