思考盗聴被害に注意!急な睡魔に襲われる 事故に注意

脳内の情報を自由に操るかのような不安に襲われた経験はありませんか?
脳に直接話しかけてくるばかりか、行動を把握されたり急な睡魔で事故を起こさせられるなど、
さまざまな相談が寄せられています。
運転中の急な睡魔は危険との隣り合わせです。事故を起こす前に対策を行いましょう。
思考盗聴の日常化が招く最悪の事態

運転中の急な睡魔 徳島県

居眠り運転で5人死傷、前美馬市長に実刑判決
徳島県美馬市の国道トンネルで2016年5月に事故がありました。
居眠り運転をして対向車と衝突し、5人を死傷させたとして逮捕されたのは美馬市長でした。
自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死傷)に問われ、徳島地裁は禁錮4年6月(求刑・禁錮7年)の実刑判決を言い渡しています。
思考盗聴とささやき 自分だけに聞こえる声

思考盗聴被害者が外出先で注意するべきこと

思考盗聴対策センターでは、数多くの依頼が寄せられています。
外出先での付きまといや、盗撮、嫌がらせなどは肉体的にも精神的にも大変つらいものです。
周囲の状況を正確に把握して対応を取ることが必要です。
「被害」にばかり気を取られて現状の把握がおろそかにならないよう心がけましょう。
音声が送り込まれてくる場合は、特に注意が必要です。大きなけがを起こさないよう心がけ、原因を調べておきましょう。
思考盗聴対策センターお問い合わせ
思考盗聴対策センターお問い合わせ 秘密厳守で安心
思考盗聴被害者が外出先で注意するべきこと 思考盗聴対策
Tagged on: