思考盗聴と画像送信被害 盗撮

近くでターゲットのことを見ている!それも近くで見られている。
リアルタイムで生活がのぞかれてるとしか思えない!
盗撮を超えたテクノロジー被害でお困りの方々からご相談が寄せられます。
同時に音声送信の嫌がらせも受けているケースもあります。
昔では考えられなかった高度な技術を用いた嫌がらせが行われる時代となりました。

ターゲットの画像や映像などの状況を外部に送られているケースと、もう一つはターゲットに画像や動画を送信するパターンがあります。ターゲットの脳内に直接画像を送信してくる物で、事実との関係性は定かではありません。画像を送られていると気付くターゲットもいれば、実際に見たものの画像だと錯覚するターゲットもいます。これは、大変危険な状況です。この様になると、周囲の人間も困惑し、ターゲットがオカシイと感じるでしょう。事実とは異なることをターゲットは真実だと思い込んでしまうのです。事実かどうかを確認する必要があります。

 

 

画像が送られる 思考盗聴

脳内に直接音声を送信される被害もさることながら、画像が送られてくることもあります。
この画像は、鮮明な物から何を意味するのか理解しがたい物まで様々です。

また、画像の鮮明さによっては体験したことのように感じるターゲットもいます。
ターゲットによって、送られてくる画像は大きく違い、統一性一貫性があるケースもあります。
また、時間にも違いがあります。パッと一瞬で消えるものもあれば、数十秒から何分も同じ画像を送られるだけではなく、動画になっているものもあります。
これは、録画することも出来ず脳内に直接送られることから第三者には分かりません。
この画像送信からくる情報は、メモを取るなどしておく必要があります。
送られてくる画像に信ぴょう性はありません。これを安易に信じることは危険だと言えます。
送られてくる画像と現実の区別が付かなくなることもあり、人格の崩壊を狙っている可能性があります。

 

画像送信と記憶の錯誤

送られてくる画像の内容にもよりますが、画像送信を何度も行われたり、音声送信を組み合わせたりすることでターゲットの記憶をあいまいにすることが可能になります。

画像送信と音声送信を組み合わせることで、よりターゲットを現状錯誤に導くことが出来るといえます。現実ではないため、周りの人間は困惑するでしょう。ターゲットがおかしくなったと思う人も出てくるでしょう。これは、ターゲットを社会から孤立させることにもつながります。はじめの頃は、現実と画像送信や思考盗聴などを分けることが出来ますが、日を追うごとにそれも難しくなってきます。早期対策が必要です。思考盗聴対策センターへご相談ください。

当社は秘密厳守ですので、安心してご相談ください。外部に情報が漏れる心配はありません。
まずは、下記をクリックしていただき、お問い合わせホームからご連絡ください。

お名前 (必須)

ふりがな (必須)
 

ご住所(必須)
 

電話番号(必須)
 

メールアドレス (必須)

性別(必須)
 男性女性

年代(必須)
 

検索ワード(必須)
 

調査について(必須)

その他を選んだ場合
 

相手について(必須)
 

その他を選んだ場合
 

題名

内容

※メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
数日たっても返信が無い場合は、お客様のメールが届かないように設定されている可能性があります。当社からのメールが届くように変更して、もう一度こちらのメールホームからお問い合わせください。
※無料相談はしておりません。ヒアリングから費用を頂いております。
 

※無料相談はしていません。

 

ご依頼は、下記をクリックしてお問い合わせ下さい。