思考盗聴被害の現状 脳内盗聴の実態

日本においても、盗聴の被害は増える一方です。盗聴器の存在が把握しきれ無いほど、様々な形で生活の中に隠されています。ペン型や電卓などに仕込まれていることもあります。簡易的な機材から半永久的な物まで様々な盗聴器が販売されています。特に規制も無いのでインターネットで購入する場合も多く、実際に日本国内にどれほどの盗聴器が出回っているのか正確に把握することは出来ません。誰もが盗聴被害におちいる可能性はあるのです。
盗聴が行われるには、大きく分けて3つのパターンが考えられます。どのパターンにおいても盗聴器発見調査盗撮器発見調査電磁波測定調査は必ず行っておく必要があります。思考盗聴対策センターへのご依頼も増えており、ご家族から一人暮らしの方まで幅広くご依頼いただいております。

盗聴のパターンの一つ目は、盗聴マニアの存在です。盗聴マニアが行う不特定多数に対する盗聴は増加傾向にあります。初めは盗み聞きを楽しんでいただけであっても、楽しくなってどんどんとエスカレートしていきます。盗聴マニアは、仕掛けられている盗聴器の電波を受信しプライベートを覗く愉快犯です。ベッドサイドのコンセントに盗聴器を隠しこまれているケースもあり、性生活を聞きたい願望もあるようです。他人のプライバシーを覗く行為は刺激的で、辞められずにどんどん機材を集めるマニアもいます。盗聴マニアは、初めは電波を拾って会話や生活音を聞くことから始まりますが、エスカレートするとターゲットを絞って盗聴器を仕掛ける者もいます。ストーカーや職場・近隣・金銭・交際トラブル、別れ話のもつれから仕掛けられることもあります。

クリニックでの嫌がらせ・・・体調がすぐれず、仕事を休んで近所の病院に行きました。「コイツはさぼっているだけ」「仮病だ」などと言われ腹が立ちました。家に帰っても誹謗中傷が続きイライラします。

盗聴器が仕掛けられている・・・至る所に盗聴器が仕掛けられているようです。電話も聞かれており、話していない事まで知られるので24時間監視されているのと同じようなものです。

不審電話がかかってきた・・・私しかいない昼間に電話がかかってきました。私と主人の会話を録音して電話越しに私に聞かせているようでした。誰だか分からず、とても気持ちが悪いことでした。家のどこかに盗聴器が仕掛けられていると思い調査を依頼しました。

盗撮カメラを仕掛けられて監視・・・マンションの至る所に隠しカメラを仕掛けられていて、24時間監視をされているように感じていました。どこに居ても、何をしても知られる生活で、どんどん引きこもるようになりました。仕事も辞めてしまい、生きる気力を失いそうになり依頼しました。

 

2つ目は、目的もターゲットも明らかな盗聴被害です。これは、企業間の競争が関係していたり内部情報を搾取するために行われる盗聴。また、個人の場合は浮気離婚などの男女トラブル金銭トラブルなど人間関係のこじれが原因で、優位に解決することを目的とした情報収集の一環として行われる盗聴です。ママ友間でのシークレット情報や、誹謗中傷のネタ探しなど情報を入手することで先手を打たれたり、相手を罠にはめるなどの工作が行われることもあります。情報取集を業者に依頼する加害者もおり、本格的な嫌がらせに発展するケースもあります。浮気の証拠収取の一環としても有効な情報元になるでしょう。

元交際相手からの嫌がらせ・・・大阪に住む30代の女性です。20代の頃に交際していた男性からストーカー行為を受けています。交際期間中に家に出入りしていたこともあるので部屋の間取りなども知られています。盗聴した内容を利用して付きまとわれていました。

マンショントラブル 音の問題・・・広島県に住む40代のサラリーマンです。マンションの隣の住人とトラブルがありました。夜中のテレビや音楽などの音が原因で険悪な仲です。壁越しに話しかけてくることもあり、うんざりしていました。

不倫相手からの盗聴被害・・・兵庫県に住む主婦です。友人と海外へ旅行して1週間ほど自宅を開けたことがあります。そのあとしばらくしてから機械的な声で電話がかかってくるようになりました。家の中を見られているような事も言われ、私がいない間に何かの機械を仕掛けられたのだと思います。

 

3つ目は、不特定多数の人物による盗聴被害です。明らかな問題が確認されているわけではないので、危険や不安も大きく原因究明が急がれます。集団ストーカー被害や監視ストーカー、組織的な嫌がらせでも盗聴が行われるケースが増えています。また、このような不特定多数の人物が行うケースは、まったく関係のない人を被害者に仕立て上げないように注意しましょう。集団ストーカーによる執拗な監視や嫌がらせ、各種工作による罠は対応を誤ると自分が加害者扱いされてしまうこともあります。思考盗聴対策センターにおいてもご相談件数が多い案件です。証拠集めの費用を抑えるためにもまずは、現状調査が必要不可欠です。

 

会社からの嫌がらせ被害・・・職場からの追放を画策されたケースです。勤めている会社や取引先を巻き込んで嫌がらせを受ける被害は、複数人が係っていることからなかなか証拠がつかみにくいとされています。嫌がらせを受けることになったきっかけを探る必要もあります。当事者ではなかなか原因の追究は困難で、客観的な意見も考慮することから問題解決に至ることもあります。

 

宗教からの嫌がらせ・・・主に脱会や金銭の問題、人間関係などから執拗な嫌がらせが始まるケースがあります。ブレンコントロールやマインドコントロールなどを巧みに利用し、コミニュケーションの手段を特殊化されているケースもあります。家族や会社など社会からの孤立を望んでいることもあり、家庭崩壊や職を失うなどのリスクを考えると早期解決が望ましいでしょう。

 

 

思考盗聴 解決手段 解決方法

 

マスク集団に付きまとわれる・・・出勤する時には必ずマスクをした知らない人にあとを付けられます。たまに私を追い越して、すれ違う時に「のろま」「邪魔だ」など嫌味を言われます。マスクをしていない人も怪しい人はたくさんおり、何が何だか分からなくなることもあります。

運転中の嫌がらせ・・・車で出かけるときに尾行されたり嫌がらせを受けます。連番やミラーナンバーの車が特に怪しく、わざとゆっくり走ったり、同じ方向に曲がってくることもあります。ルームミラー越しにチェックされることもあり不愉快です。

道路や駐車場での嫌がらせ・・・道路や駐車場での嫌がらせを良く受けています。急に出てきたり、いつもは空いている本屋やドラッグストアの駐車場が私が行くときだけ満車になっていたり、空いていても私が行くとどんどん車が入って来たります。

ブレインハッカーによる嫌がらせ被害についてのご相談も寄せられています。

 

思考盗聴対策センターでは、様々なトラブルを抱えた方からご依頼いただいております。お客様に合わせた対策で多くのお客様からお喜びの声を頂いております。秘密厳守ですので、ご依頼いただいた方のみのサービスです。無料相談を装い情報収集される心配も一切ありません。安心してご依頼ください。

 

 

思考盗聴被害の現状について

思考盗聴の現状については、段階があります。
まず第一段階としては、考えていることが知られています。何か計画を遂行しようとしても、先読みされていることがあったり、予定していた旅行や出張の行き先を知られていたり、これから始めようとしているとを先回りされていたりします。
窓を開けると、外で覗いていた人が隠れたり、玄関掃除をしているといつもは合わない近所の人が出てきて挨拶をされる、混んでいることが無い場所なのに混むなど、ターゲットの行き先や行動が分かっているとしか考えられないことが1度ではなく、何度も起こる場合も初期にはよく見られます。この第一段階では、思考盗聴を行われていると気付くことは少ないでしょう。

思考盗聴とささやき 自分だけに聞こえる声

第二段階では、「ささやき」が始まります。初めは小さなかすかな音で様子を伺っています。気にしないようにすることも出来ます。聞こえても無視したり、聞き流すことも可能です。しかし、だんだんとターゲットの反応を見ながらはっきりとした音声へと変わっていきます。この状態が続くことで物理的な音と脳に直接聞こえる声の区別が出来なくなっている方もいます。早期対策が必要です。

また、第一段階から鮮明な声が聞こえるケースもあります。振り向いても誰もいない、隣の部屋やベランダ、テレビなどから話しかけられるといった事からスタートしたケースもあります。

思考盗聴とベランダコントロール

第三段階では、思考盗聴による声に反応するようになります。一方的に話しかけられていた段階を超えると、聞こえてくる声との会話が出来るようになってきます。ここまでくると、危険な状況に入っていると考えた方が良いでしょう。第三者に被害者自身が不審がられることがあり、非常に深刻な状態です。

思考盗聴の日常化が招く最悪の事態

第四段階は、現実と思考盗聴されていることの境がはっきりしない状態になります。思考盗聴が日常的になってくることで最悪の状態が近づいています。会話なのか思考盗聴なのか分からなくなるのです。思考盗聴の声の影響を強く受け、家族や知人が言うことまでも信じないように思考をコントロールされることもあります。こうなってくると、日にちや時間の間隔、経過までもがあいまいになってきます。このことから多く社会生活が難しくなります。職場や約束に遅刻したり、約束が守れなくなることもあります。会社を辞めたり、引きこもるような生活を強いられていることもあります。

思考盗聴からくる指示や命令

思考盗聴や音声送信が長期化することで日常的になり、常に複数で行動しているような日常を経験する方もいます。命令や指示に応えてしまう被害者もいます。どんどんエスカレートし、危険な行為を命令されたり脅迫されるケースもあります。

第四段階まで何の対応も行っていない方も多く、早く相談したかったと言う声も多く寄せられています。エスカレートするほど費用も時間も費やす傾向があり、早期対策をおすすめします。なかには「言いなり」になっている方や、「脅迫」「強要」を受けている方は危険が伴います。一人で悩むのではなく、思考盗聴対策センターへ依頼をしてください。

 

 

 思考盗聴被害者の体験

思考盗聴の被害は、男女や年齢を問わず行われています。初めから明らかな被害を感じる事は少ないようで、後になって思考盗聴のターゲットになっていると気付く人もたくさんいます。

兵庫県にお住まいの男性

車に乗っている時にエンジン音にのって女性の声で話しかけられていました。聞いたことがあるような声で、仕事を辞めるように誹謗中傷されていました。自宅に帰っても話しかけられるようになり、近くで見ている可能性もあって調査依頼をしました。

愛知県にお住まいの女性
初めは、思考盗聴だとは思いませんでした。近くで誰かが話している声がなんとなく聞こえてきているだけだと思っていたんです。仕事を終えて帰って来てホッとした時に当時住んでいたマンションの隣か下に住んでいる人の話し声が聞こえていました。初めは、マンションの部屋だけで聞こえていたと思います。自分に話しかけられていると気付いたのは、もっと後だったので気付いていない私のことをからかっていたのかもしれません。

大阪府にお住まいの男性
私は、半年ぐらい前から急に近所で有名人になってしまったようでした。どこに行っても、私に視線が集まり、スマートフォンで撮影されて、なんだか恥ずかしいような、うれしいような・・・そんな感じで過ごしていましたが、ある日、「見ているから」「あなたのこと、何でも知ってるから」と言う声が聞こえてくるようになりました。私に好意を持っている相手だと思います。

京都府にお住まいの女性
一人暮らしをするようになって、仕事も忙しい事からネット通販で買い物を済ませることが多くなりました。しかし、以前はすんなりできていた買い物なのに、代金を支払っても売り切れになっていたり、運送会社とのトラブルなどが続きなんだかオカシイなと思っていました。思考盗聴で先回りし、嫌がらせをされていたのだと思います。

滋賀県にお住まいの男性
毎日、10時ぐらいから4時ぐらいにかけて心の中が読まれていました。考えたことを当てるゲームをしているように感じることもしばしばあり、馬鹿にされているようでした。男女4から5人が交互に話しかけてきたり、噂話をされたりしていました。自分を自殺に追い込む計画を立てていたようで恐怖を感じました。

山口県にお住まいの男性
思考盗聴の被害に永年悩まされていました。家族や会社、プライベートでもよくイライラしていて大きな声を出したり、喧嘩も絶えませんでした。これがそそのかしによるものだと気が付いた時にはすでに遅かったようで、大事な友人を無くしてしまっていました。思考盗聴が当たり前のようになり、情報も操作されていたのだと思います。親友とも疎遠になってしまいました。

岡山県にお住まいの女性
男女の声が聞こえてきました。自殺をそそのかされるぐらい、思考盗聴の影響を受けていました。今思うととても恐ろしい事ですが、当時は思考盗聴に遭っている時間の方が心地よく感じていたのです。現実が分からなくなっていたのだと思います。

広島県にお住まいの女性
私の声を録音しているようでした。わざとスローで聞かせられることもあり、馬鹿にされているようでした。考えたことを声にして聞かせられることもありイライラすることも多かったです。

福岡県にお住まいの男性
時間をコントロールされているようで、夜が眠れなくなりました。起きないといけない時間に強い睡魔に襲われるのです。起きると声がそれを指摘して「クビだ!クビた!」となじってくるのです。近くで監視してかからかわれうことからウツのようになりました。

香川県にお住まいの女性
初めは、話し声が聞こえるなと思う程度だったような気がします。自分のことを言われていると気付くにに時間がかかりました。思考盗聴に気付いてから、どんどん抜け毛が増え薄毛が気になるようになりました。薄毛を馬鹿にされるとも言われ、外に出られなくなってしまいました。

高知県にお住まいの男性
テレビからメッセージを送り付けられることが数回ありました。おかしいなと思っていましたが放置していました。すると、自分の事をストーリーに描いたドラマが放送されるようになり大変迷惑をしています。

熊本県にお住まいの女性

同級生からいの嫌がらせでした。過去の記憶をフラッシュバックさせ、責め立てられていました。初めは一人でしたが、だんだん人数が増えていきました。今住んでいるマンションも監視されているようで、引越しまで考えさせられました。

鹿児島県にお住まいの男性

頭の中や耳元で話しかけられるようになってから3か月、仕事が辛くなり最後の手段と思って調査依頼をしました。何度か長期休暇を取ろうと思っていましたが、仕事を奪うことが目的である可能性もあり悔しくてたまりませんでした。遠方ですが依頼が可能だったのでよかったです。

 

思考盗聴対策はお早めに 思考盗聴対策センター

 

思考盗聴の被害は、1回2回の被害で済むことはほとんどありません。初めは少ない回数であったとしても、ほとんどのケースが回数が増えたりエスカレートしています。被害に遭っているターゲットが現実逃避するように仕向けているのではないかと考えられるケースもあります。思考盗聴の影響を受け始めると、だんだんとつじつまが合わない事を話し出すことが増え、周囲の人間に不信感を抱かれることもあります。こういった事からも早期対策が必要です。ターゲットの周りにいる第三者からみれば、「以前と違う・・・」「何を言っているのか分からない・・・」「事実と違っている」このような変化に気付き、ターゲットから離れていく人もいます。また、攻撃性を植え付けられたターゲットは、家族ですら近寄れないこともあるのです。この様なケースでは、ご家族の方からのご依頼を受けています。まずは、現状の調査をご依頼下さい。早期の段階でのご相談が費用を抑える秘訣です。
秘密厳守ですので、安心してご相談ください。外部に情報が漏れる心配はありません。
まずは、下記をクリックしていただき、お問い合わせホームからご連絡ください。

お名前 (必須)

ふりがな (必須)
 

ご住所(必須)
 

電話番号(必須)
 

メールアドレス (必須)

性別(必須)
 男性女性

年代(必須)
 

検索ワード(必須)
 

調査について(必須)

その他を選んだ場合
 

相手について(必須)
 

その他を選んだ場合
 

題名

内容

※メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
数日たっても返信が無い場合は、お客様のメールが届かないように設定されている可能性があります。当社からのメールが届くように変更して、もう一度こちらのメールホームからお問い合わせください。
※無料相談はしておりません。ヒアリングから費用を頂いております。