思考盗聴被害と今後気になる情報リスク 思考盗聴対策

思考盗聴や脳内盗聴でお困りの方は、今何が起こっているのか第三者に相談しても分かってもらえない二次的な問題に直面しがちです。
思考盗聴対策センターへのご依頼者の中にも大変つらい経験をお持ちの方が多くいます。
経験したことが無い人にとっては分かりにくい問題です。諦めずに対策を行いましょう。
思考盗聴 解決手段 解決方法

監視情報漏洩対策 未来の個人情報を守る方法

遺伝子検査の情報が問題になりそうです。
国が2012年度時に調べた遺伝子検査に携わる国内の会社87社のうち、
29社が今年1月までに倒産などによって事業から撤退してるようです。
ほか10社は所在も不明のようで、4割を超える計39社で「究極の個人情報」と呼ばれるゲノム情報の管理に不安があります。
遺伝子検査ビジネスには法規制がないことを懸念し、遺伝子業界の実態調査に乗り出したようです。
ここで問題となっているのは、唾液などの検体を業者に送ると検査結果が返ってくるいわゆる遺伝子検査のビジネスです。
人間の全遺伝情報(ヒトゲノム)が解読された2003年以降、技術革新で検査費用が1回数万円程度に下がって来ています。
誰でも手軽に手を出しやすいためIT企業などが続々と参入していました。

究極の個人情報を守る方法

人の思考は脳内から発せられることは当然ですが、様々な方法で個人情報が流出し悪用されることもあります。
嫌がらせや迷惑行為はターゲットの精神状態にまで働きかけることもあり、十分な対策が必要です。
思考盗聴対策センターへのご相談は男女共に多く、年齢層も様々です。
どうして自分がこんな目に遭うのか見当もつかないといった声も多く、現状把握に時間を費やすこともあります。
しかし、諦めてはいけません。
安心して生活を送るためにも対策を行いましょう。
思考盗聴対策センターお問い合わせ
思考盗聴対策センターお問い合わせ 秘密厳守で安心

 

思考盗聴被害と今後気になる情報リスク 思考盗聴対策
Tagged on: