盗聴 危機管理

物騒な世の中ですが、個人情報が守られていますか?
この家にはどんな人が住んでいるのか、世帯人数や家族構成、職業など
はたまた、世帯年収や趣味嗜好までもが情報収集されていると詐欺などの被害に遭いやすいと言えるでしょう。
情報がダダ漏れになっていると言うことは、危機管理が出来ていないと言うことです。
よって、ターゲットになりやすいのです。

 

強盗傷害 民家に侵入、暴行 茨城

14日午前2時50分ごろ、茨城県阿見町住吉2の民家に強盗が入りました。
この家に住む不動産会社社長の75歳の男性から「2階で寝ていたら男たちが入ってきた」と110番があり事件が発覚しました。
茨城県警牛久署によると、同2時35分ごろ、男数人が侵入し、ガムテープで社長と73歳の妻の手足を縛って口を塞ぎ、
現金約10万円と通帳などを入れた金庫計4個(いずれも縦横高さ約60センチ)を奪って逃げたといいます。
社長は殴られ顔の骨を折る重傷をおっており、妻にけがはなかったそうです。

同署は強盗傷害事件として捜査しています。
男は少なくとも2人で、1人は身長約170から180センチで、黒っぽい服装に目出し帽をかぶっていたようです。
社長らは自力でガムテープを外し、110番しています。

 

情報管理 思考盗聴

思考盗聴のご相談は、思考盗聴対策センターへご依頼ください。

 

思考盗聴 危機管理
Tagged on: