ハイビーム 道路トラブル 思考盗聴

夜の運転は、視界も悪く見ずらいですよね。遠くを明るく照らすハイビームでトラブルになることがあります。、
先日も、信号待ちの交差点で男性が車から降り、後部車両の車に向かってライトのまぶしさを抗議していました。
明るく照らされた車内は丸見えになり、運転もしずらくなります。
交通事故につながる可能性もあり、大変危険です。

 

ハイビームなのにまぶしくない ヘッドライト

明るいけど、まぶしくないハイビームがあれば良いと思いませんか。
自動車メーカーが、遠くまで照らせる「ハイビーム」のまま走っても、対向車や前方の車の迷惑にならない技術を次々に開発しているようです。
日本では、対向車に遠慮して「ロービーム」で運転する人が多いですが、ハイビームは夜間の歩行者のいち早い発見に役立ちます。
しかしその反面、道路トラブルにもつながりやすいのが問題でした。

マツダが、今年1月に大幅改良した「CX―5」などに採用した新技術は、
車の前方に付けたカメラが対向車のヘッドライトに反応し、対向車の接近を検知するそうです。
ハイビームを照射するヘッドライトは左右合わせて八つに分かれ、対向車がいる方向のハイビーム部分だけが自動で消えるシステムです。
アウディなどが同様の仕組みを実用化しているが、国内メーカーでは初めてなのだそうです。

 

思考盗聴 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視 音声送信

道路での嫌がらせ、近隣トラブルのでお困りではありませんか。
音声送信などでお困りの方からのご相談が増ええいます。
思考盗聴対策センターへご相談ください。

盗聴、盗撮、嫌がらせ、監視対策、思考盗聴の対策は、思考盗聴対策センターへご相談ください。
※無料相談はしていません。

 

ハイビーム 道路トラブル 思考盗聴