徘徊と思考盗聴 音声指示による行動パターン

思考を盗聴されつつ音声送信まで受けている場合、気を付けたいのが徘徊行動です。寝静まった夜中や、人気の少ない早朝に急に外に出るように指示されるなど事故にもつながりかねない命令や指示に怯えていませんか。一人で悩まずに対策を行いましょう。

 

認知症と行方不明 徘徊トラブル

徘徊の原因として今問題になっているのが認知症です。
昨年1年間に認知症が原因で行方不明になり、家族などから全国の警察に届け出は1万2208人に上っているようです。
前年から1425人(13.2%)増えたことが警察庁から発表されました。

不明者のうち98.8%の1万2058人は昨年中に所在が確認されたが、残る150人は年末までの発見されていません。

厚生労働省によると、認知症の人は12年の約462万人から25年には約700万人に達する勢いだそうです。

昨年行方不明者届が受理された人は男性が7012人、女性が5196人。
都道府県別では大阪が1791人と最も多く、兵庫の1309人、愛知の1150人、神奈川の562人が続いています。

全国の警察では1、保護された認知症の身元不明者の顔写真や身体的特徴などを記載した「迷い人台帳」が整備されています。
家族らが台帳を閲覧するなどして身元が特定されたケースもあるそうです。

 

思考盗聴 心理盗聴 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視 音声送信

盗聴、盗撮、嫌がらせ、監視対策、思考盗聴の対策だけではなく、
ご近所トラブルや職場トラブルのご相談も増えています。
思考盗聴対策センターへご相談ください。

 

思考盗聴対策センターお問い合わせ
思考盗聴対策センターお問い合わせ 秘密厳守で安心

お名前 (必須)

ふりがな (必須)
 

ご住所(必須)
 

電話番号(必須)
 

メールアドレス (必須)

性別(必須)
 男性女性

年代(必須)
 

検索ワード(必須)
 

調査について(必須)

その他を選んだ場合
 

相手について(必須)
 

その他を選んだ場合
 

題名

内容

※メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
数日たっても返信が無い場合は、お客様のメールが届かないように設定されている可能性があります。当社からのメールが届くように変更して、もう一度こちらのメールホームからお問い合わせください。
※無料相談はしておりません。ヒアリングから費用を頂いております。
 

徘徊と思考盗聴 音声指示による行動パターン
Tagged on: