電磁波トラブル!超音波でやけど 体調不良

医療現場でも用いられる機材を使ってのトラブルが増えており、生活センターが注意を呼び掛けているようです。
心当たりや不安がある方は、控えたほうが良いかもしれません。
特に電磁波に過敏になっている方の不安は大きいようです。
思考盗聴対策センターへご相談が寄せられています。
思考盗聴の日常化が招く最悪の事態

超音波機器の施術でやけど多発 思考盗聴対策センター

前立腺がんの治療などにも用いられる「HIFU(ハイフ)(高密度焦点式超音波)」
この技術を使う施術をエステサロンで受けた結果、火傷を負うなどのトラブルが多発しているようです。
本来は医師のみ施術が認められているようです。
国民生活センターは、
「医師以外からの施術は違法の恐れがあり危険。絶対に受けないで」
などとと呼びかけているようです。
問題になっているHIFUとは、高密度の超音波で肌を傷つけずに体の特定部位を加熱する技術のことです。
主に前立腺肥大や子宮筋腫の治療などに使われています。
しかしここ近年、痩身やリフトアップなどの美容医療でも用いられるようになりました。
医師資格がないエステティシャンが1回数千円程度の料金で施術する店も増えています。
トラブル相談は2013年度から寄せられ、今年2月までに計約30件。
そのうち約20件でやけどや顔の神経損傷などのけがの報告がありました。

電磁波過敏症 電波に反応する理由

電磁波過敏症のご相談が数多く寄せられています。
体の不調や、心の不安など人によって症状は様々です。
十分なヒアリングと、調査、対策が必要です。
慢性化したり、最悪の事態を避けるためにも早期対策をおすすめします。
思考盗聴対策センターお問い合わせ
思考盗聴対策センターお問い合わせ 秘密厳守で安心

 

電磁波過敏症 電波に反応してしまうときの解決方法
Tagged on: