思考盗聴の二次被害 引きこもりの結果

社会性を失わないように頑張っている方が多く、思考盗聴対策センターへうれしお声を頂くこともあります。思考盗聴対策センターへご依頼いただいた方の中には、音声送信被害を受けつつも頑張って仕事を続けている方がたくさんいます。転職を繰り返す方もいますが生きがいを感じていることに喜びを感じます。

 

30年間仕事せず父の年金で生活 住宅2遺体

福島県西郷村の住宅から母親と父親とみられる遺体が見つかった事件がありました。この事件で、逮捕された長男はなんと約30年間、仕事をせず、収入は父親の年金だけだったことが明らかになりました。

無職の48歳の男性は、92歳の母親の遺体を自宅に放置した疑いが持たれています。「遺体をどうしていいか分からなかった」と話しており、容疑を認めています。

また、自宅の小屋からは、白骨化した父親とみられる遺体も見つかりました。容疑者は中学を卒業後、仕事に就いていなかったのだとか。収入は父親の年金のみだったということです。警察は、年金が振り込まれた銀行の通帳を押収するなどして調べを進めているようです。

 

思考盗聴 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視 音声送信

思考命令では、自分の意思に反する行為をするように、そそのかされることがあります。
疑問を持ってもそれを押し切るような命令や指示を受けることもあります。
働けないように誘導されることもあります。
盗聴、盗撮、嫌がらせ、監視対策、思考盗聴の対策だけではなく、
近隣トラブル(ご近所トラブル)や職場トラブルのご相談も増えています。
思考盗聴対策センターへご相談ください。

 


お名前 (必須)

ふりがな (必須)
 

ご住所(必須)
 

電話番号(必須)
 

メールアドレス (必須)

性別(必須)
 男性女性

年代(必須)
 

検索ワード(必須)
 

調査について(必須)

その他を選んだ場合
 

相手について(必須)
 

その他を選んだ場合
 

題名

内容

※メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
数日たっても返信が無い場合は、お客様のメールが届かないように設定されている可能性があります。当社からのメールが届くように変更して、もう一度こちらのメールホームからお問い合わせください。
※無料相談はしておりません。ヒアリングから費用を頂いております。
 

思考盗聴の二次被害 引きこもりの結果
Tagged on: