思考盗聴 ほのめかし 事件

思考盗聴、音声送信被害、脳内盗聴などが起こている方は、電磁波測定調査をご依頼ください。
ほのめかしや、ささやき声が聞こえても、
相手にしてはいけません。
聞こえる声が事実を話しているとは限りません。
罠にはめようと企んでいるのかもしれないのです。

 

殺害 放火ほのめかす 全焼民家 愛知県

愛知県豊田市太田町で民家が全焼し、住人とみられる3人が遺体で見つかった事件がありました。
銃刀法違反容疑で現行犯逮捕された世帯主の65の男が親族らに宛てて手紙を書いていたようです。
「火を放った」「あやめた」などと書かれた手紙が複数あったことが分かりました。
手紙は封筒に入っており、「皆さんにご迷惑をお掛けしました」「お金に困っていた」などと手書きされていました。
宛名と容疑者の名前も書かれていたようです。

火災では母屋から1人、車庫2階の住居部分から2人の女性の遺体が見つかっています。
同居していた89歳の義母と65歳の妻、そして37歳の長女とみて、身元の確認を進めています。

 

思考盗聴 トラブル 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視

罠には十分に気を付けましょう。

盗聴、盗撮、嫌がらせ、監視対策、思考盗聴の対策は、思考盗聴対策センターへご相談ください。
※無料相談はしていません。

 

思考盗聴 ほのめかし 事件
Tagged on: