電磁波 自殺のほのめかし 電波トラブル

電磁波によるトラブルのご相談が増えています。
思考盗聴の被害の中でも自殺のほのめかしは大変危険です。
思考が働いていない状態での危険な指示は、本意ではないにもかかわらず行動をさせられることもあるようです。
思考盗聴対策センターへご相談ください。

 

西伊豆感電死事件 電気柵設置の男性が自殺

静岡県西伊豆町で7月19日に川遊びをしていた2組の家族の男性2人が死亡、子供2人を含む5人が重軽傷を負った感電事故がありました。
この悲しい事故で、原因となった鹿よけの電気柵を設置した79歳の男性が死亡したことが分かりました。
死因は自殺とみられています。

静岡県警によると、午前8時過ぎ、自宅の庭で首をつっているのを妻が発見して警察と消防に通報があったようです。
男性は搬送先の病院で死亡が確認されました。遺書は確認されていないようです。
亡くなった男性は「苦しい。ごめんなさい」と述べていたようです。

 

思考盗聴 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視 音声送信

事故による悲しい二次被害ですが、
思考盗聴や音声送信によっても自殺をほのめかされることがあります。
大変危険な状態です。早期対策はご相談ください。

盗聴、盗撮、嫌がらせ、監視対策、思考盗聴の対策だけではなく、
近隣トラブル(ご近所トラブル)や職場トラブルのご相談も増えています。
思考盗聴対策センターへご相談ください。

 

電磁波 自殺のほのめかし 電波トラブル
Tagged on: