音声 送信 被害

思考盗聴でお困りの方の中には、音声送信に悩まされている方も多いですね。
一日中続くケースもあり、精神的にも辛い問題です。
聞かないようにしていても、無視し続けることすら難しいのです。
執拗な嫌がらせにウツになってしまう方もいます。

 

高い音で発作起 猫

高齢のネコには、ある種類の高い大きな音で発作を起こす可能性があるとの研究発表がありました。
・鍵の束をチャリチャリ鳴らす。
・アルミホイルをクシャクシャ丸める。
・金属製スプーンで餌の皿をカンカン打つ。
このような音が発作の誘因となるといのです。

また、学術誌「ジャーナル・オブ・フィーライン・メディシン・アンド・サージェリー」に掲載された論文では、
主に10歳以上のネコで、コンピューターのキーボードを叩く、金づちでくぎを打つなどの普段から耳にする音や舌打ちの音などでも一時的に発作を起こす恐れがあるといった内容があります。

「FARS(猫科動物聴覚原性反射発作)」と命名されたこの発作性疾患に関する研究は、
英国の慈善団体「インターナショナル・キャット・ケア」が、
一部の飼い主から寄せられたネコの異常な発作の報告について問い合わせたことがきっかけで始まったそうです。

人間でも起こり得る聴覚原性反射発作は、ある種の音によって誘発されます。
特定の音を聞くことによって、体の動きが突然停止する場合あり、短時間のけいれんを引き起こすこともあります。

ネコ96匹を対象に収集されたデータを調べた結果、実際に音が発作の誘因になっていることを突き止めました。

論文では発作がみられ始める年齢は平均15歳前後、その範囲は10歳~19歳だったといいます。

 

思考盗聴 音声 送信 集団ストーカー

音による体への影響は分かっていないことも多く不安を感じます。

思考盗聴の音声送信被害ご相談は、思考盗聴対策センターへご依頼ください。
盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査もご依頼いただけます。

 

音声 被害
Tagged on: