思考盗聴 精神不安

思考盗聴や集団ストーカーの被害者の中には、寝付けなかったり不安を抱えると言った問題を抱えていることがあります。
そういった場合に、睡眠薬などを処方されることもあるようです。
しかし、薬で眠っても起きた時には現状を突きつけられることに変わりはありません。
現実逃避しないように現状を分析しましょう。

 

川崎の大学病院 専門医指定不正取得

川崎市の聖マリアンナ医科大学病院で少なくとも9人の医師が、専門の医師の指定を不正に取得していた疑いがあることが分かりました。
重い精神障害がある患者の強制的な入院が必要かどうかなどを判定する専門の指定についてです。
厚生労働省は近く指定の取り消しなどを検討することにしています。

これらの医師は指定を受けるため自分が診察していない患者のレポートを提出していた疑いがあります。
大学側は不適切な申請だと認めたうえで、現在、調査中であるとしています。

不正に指定を取得していた疑いが持たれているのは「精神保健指定医」という専門の資格です。
指定医は、自分を傷つけたり他人に害を及ぼしたりするおそれがある重い精神障害がある患者に、
強制的な入院や行動の制限が必要かどうかなどを判定します。

指定を受けるには、法律で定められた一定の実務経験や患者を診察したレポートを提出し審査を受ける必要があります。
には他の医師が診察した患者のレポートをコピーしたとみられるケースもあったということです。

 

思考盗聴 音声 送信

思考盗聴のご相談は、思考盗聴対策センターへご依頼ください。

 

思考盗聴 精神不安
Tagged on: