知り合いを装ってほのめかし 音声送信で中傷される嫌がらせ

知人や友人を装うなど、声色を操作して行われる嫌がらせ被害のご相談が思考盗聴対策センターへ寄せられています。
一人が複数人を装う可能性もあり、相手の言いなりになるのは危険です。
自分の過去などを知られているケースもあり、慎重な対応が望まれるでしょう。
思考盗聴 解決手段 解決方法

なりすまし被害 警察官を装って嫌がらせ

栃木県小山市の公園で、少年が女子児童に対しわいせつな行為を行った事件がありました。
公園で友達と遊んでいた女児児童に警察官であることを信用させ
「警察だけど、近所でおばあさんを押し倒して逃げた女の子が目撃されている」
「話を聞かせて欲しい」などと嘘をついて連れ出し、胸を触るなどわいせつな行為をした疑いが持たれています。

複数の声が聞こえる場合の注意点

脳内に聞こえる声が複数人現れた場合、声の持ち主が誰のものなのか、今一度よく考えることをお勧めします。
思考盗聴対策センターに寄せられるご相談の中には、複数の声を一人が使い分けている考えられるケースもあり、
子どもの頃の悪事を職場の同僚が知っているなどの不自然な状況も。
このような場合は身近な人物が関係している可能性も考慮した対応が必要でしょう。
ブレインストーカーのご相談も寄せらています。
思考盗聴対策センターお問い合わせ
思考盗聴対策センターお問い合わせ 秘密厳守で安心

 

音声送信被害!複数の声が聞こえる場合の注意点
Tagged on: