苦しみの循環と思考盗聴からの自殺を防ぐ

思考盗聴対策センターへ寄せられる被害者の苦しみは大変なものです。職場だけではなく、自宅に帰って来てからも続く嫌がらせ。盗聴や盗撮、影口は大きな不安を誘発するものでしょう。中には自殺まで考えていたという方いるぐらいです。一人で悩まず、ご依頼ください。

 

職場での苦痛から自殺に追い込まれない方法

女性社員の自殺があった職場で抜き打ちの調査が入ることになったようです。

大手広告代理店の女性社員が自殺した問題がありました。これを受け厚生労働省東京労働局は、電通本社(東京都港区)に抜き打ちで立ち入り調査に入ったようです。過重労働や労働基準法違反がないか確認するとこのことです。
新入社員だった当時24歳の女性は入社9カ月だった昨年12月25日、住んでいた寮から飛び降りて自殺しています。三田労働基準監督署は女性が同11月上旬にはうつ病を発症しており、発症前1カ月の残業時間は約105時間だったとして、9月30日に労災認定していたようです。

病気に仕立てられて事態をうやむやにされる被害 罠

精神疾患を理由に職場を辞めさせられたり、離婚に追い込まれることがあります。綿密な計画のもとに行われることもあり、周囲にも本人にも分からないような巧妙な罠が張られている可能性もあります。ガスライティングなどが行われている場合は、調査が必要でしょう。

 

思考盗聴対策センターお問い合わせ
思考盗聴対策センターお問い合わせ 秘密厳守で安心

 

苦しみの循環と思考盗聴からの自殺を防ぐ
Tagged on: