思考盗聴 医療ミス 被害 不正

思考盗聴の被害でお困りではありませんか。
睡眠を邪魔されたり、仕事でのミスを誘発されることもあるようです。
医療ミスなど大きな問題に発展する可能性もあります。
思考盗聴は第三者には分かりにくい被害です。思考盗聴対策センターへご相談ください。

 

大崎市民病院 医療ミス 正常な卵巣を切除

大崎市民病院(宮城県大崎市)で今年3月、右卵巣腫瘍摘出の手術を受けた女性患者の正常な左卵巣も切除する医療ミスがあったことが明らかになりました。
病院側は女性に謝罪し、現在、損害賠償などについて協議中のようです。
病院によると、女性は宮城県北部の30代後半の既婚者でした。
病院側は「執刀医が両方を切除するものと思い込んだのが原因」と説明しています。

女性は昨年12月に別の医療機関で右卵巣腫瘍が見つかりました。
大崎市民病院で腹腔(ふくくう)鏡手術を受け、事前に右のみの切除と確認していましたが、
執刀した婦人科医と助手が両方切除と勘違いしてしまい他のスタッフも気付かなかったようです。

 

思考盗聴 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視 音声送信

音声送信の内容に答えると、どんどんエスカレートしていく傾向があります。
その音声は生活に必要なものとは限らないのです。

盗聴、盗撮、嫌がらせ、監視対策、思考盗聴の対策だけではなく、
近隣トラブル(ご近所トラブル)や職場トラブルのご相談も増えています。
思考盗聴対策センターへご相談ください。

 

 

思考盗聴 医療ミス 被害 不正
Tagged on: