思考盗聴と自動車自転車交通トラブルの回避方法

思考盗聴や脳内の盗聴被害を受けている方は、思考盗聴対策センターへご相談下さい。
四六時中話しかけられ、気が散る状態に置かれている場合は特に注意が必要です。
車にはねられそうになったり、自転車同士でぶつかるなどの危険が指摘されています。
事故につながる最悪の事態を避けるためにも早期対策を行いましょう。
思考盗聴 解決手段 解決方法

公共の場で気を付けなければならないことと声 音声送信

自動車事故もさることながら自転車が原因になっている事故も増えているようです。
交通事故全体に対し自転車事故の割合は年々変化しているようです。自転車と携帯携帯電話関連の自転車事故についてはの統計は取られていませんが、
携帯電話を操作しながらの自転車運転(軽車両運転)は大変危険です。
道交法71条に基づき3か月以下の懲役か5万円以下の罰金が科せられるのです。
事故が起来てからは刑罰では済まない事例も多くあります。

自動車やバイクと異なり、利用者の多くが十分な保険に入っていないことも被害を拡散させることにつながりかねません。
自転車に乗る際にヘ肘・ひざ当てを付ける人は少ないでしょう。 事故が起きた時のリスクは意外と大きなものです。

歩きスマホと思考盗聴の二重トラブル

歩きスマホも問題です。ストーカーに追われていませんか?
写真や動画などの映像をインターネットにアップするために操作している人もいるでしょう。
SNSで拡散していることもあります。
スマホ操作している人の事故に巻き込まれないよう注意を払う必要があると思います。
思考盗聴対策センターお問い合わせ
思考盗聴対策センターお問い合わせ 秘密厳守で安心
思考盗聴と自動車自転車交通トラブルの回避方法
Tagged on: