思考盗聴による情報漏洩 音声送信

考えたことを知られることは、通常では考えられない被害かもしれませんが、思考盗聴の被害に遭っている方にとってはたいへんな被害なのです。考えないようにしても人は思考をめぐらせるものです。音声送信によって言葉巧みに考えさせられることもあるでしょう。思考盗聴対策センターへご相談ください。

 

試験内容の漏えい 教授と教え子

司法試験考査委員だった明治大法科大学院の67歳の教授が受験生に試験問題を漏らしたとして告発された問題がありました。
国家公務員法違反事件で、明治大はこの教授を12日付で懲戒免職処分とすることを決めたと発表してます。
「事態を真摯に受け止め、調査と再発防止に尽力する」とのことです。
教職員就業規則に基づき今回の問題を「著しく信用を傷つけ、名誉を汚す行為があった」と判断した結果です。

法務省などによると、この教授は今年の司法試験で、明治大法科大学院を修了した教え子の20代の女性受験生に、自ら作成した憲法分野の論文式試験の問題を漏らした上、解答となる論文の書き方も細かく指導したということです。
あってはならないことです。

 

思考盗聴 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視 音声送信

盗聴、盗撮、嫌がらせ、監視対策、思考盗聴の対策だけではなく、
近隣トラブル(ご近所トラブル)や職場トラブルのご相談も増えています。
思考盗聴対策センターへご相談ください。

 

 

 

思考盗聴による情報漏洩 音声送信
Tagged on: