監禁 拘束

思考盗聴や集団ストーカーのターゲットになると、常に監視下に置かれることになります。
不特定多数の人物から行われる監視行為に精神的に痛めつけられる毎日に不安や不満がたまる一方ではありませんか。
当事者だけではなく、ご家族の方からのご相談も増えています。

 

女性従業員監禁事件 金銭トラブル

従業員の女性を監禁し、わいせつな行為を強要していたとみられる自称経営者の男が逮捕されました。
警視庁の調べに、「女が逃げられないように拘束していた」と話しているそうです。

監禁の疑いで送検されたのは自称派遣業経営の28歳の男でした。
14日、千葉県船橋市のアパートで、仕事を辞めようとした従業員の20代の女性を監禁した疑いが持たれています。
女性は14日、母親に「わいせつな行為を強要されている。上司から身分証を出せと言われ、断ったら金を返せと言われた」などと電話で訴えていたそうです。
容疑者は、調べに対して、「はい、しました」と容疑を認めています。
「女性が逃げられないように拘束していた」と供述しており、
監禁場所には、ほかの従業員も出入りしていたとことから、見張り役など、共犯者がいないか調べるとともに、数日間にわたり監禁していた可能性があるとみて調べています。

 

思考盗聴 音声 送信 集団ストーカー

借りた金は、返しましょう。

思考盗聴のご相談は、思考盗聴対策センターへご依頼ください。

 

監視 監禁
Tagged on: