無差別 危険行為

宗教の勧誘で訪れたシニア女性を殺害した女子大学生が再逮捕されています。

同学年の男女2人に劇物の硫酸タリウムを飲ませたとして再逮捕されました。
この女子大生の奇行は、以前からあったようです。

 

無差別 監視 観察 うわさ

殺人未遂容疑で逮捕されているのは、名古屋大の19歳の女子学生です。宮城県出身
事件をおこす直前に父親が仙台市内の警察署を訪れ、
「娘が知らないうちに変な薬を買っている」などと相談していたことが分かりました。

捜査本部によると、
父親は2012年5月下旬、当時高校2年だった女子学生と共に警察署を訪れ、
「どうしたらいいだろう」などと、持参した劇物の水酸化ナトリウムや硫酸銅などの薬瓶を示したそうです。
その際にはタリウムはなかったと言うことです。

女子学生は「調合して実験に使うつもりだった」と説明し、警察が成分を分析した結果、危険性が比較的低く、父親が「管理に責任を持つ」と約束したため、約2カ月後に返却しています。

女子学生は警察を訪れた直後の同年5月27日ごろに、
仙台市内のカラオケ店で中学の同級生だった女性のソフトドリンクに、
同28日~6月上旬ごろ、高校の同じクラスだった男性のペットボトルにタリウムを混入したとされています。

男性は直後に体調を崩し、後にタリウム中毒と診断されました。
同年12月、市内の別の警察署に相談したそうです。
同署は13年2月に男性からの被害届を受理したが、女子学生の父親が相談していた警察署と情報を共有していませんでした。

被害届を受理した警察署は、高校の教員らへの聞き取りをしたり校内の薬品を調べたりしたが、女子学生に事情を聴いていませんでした。
女子学生は当時、薬品や劇物に詳しいことが校内で知られていたとの情報もあります。
学校側がこうした情報を警察に提供しなかった可能性も出ています。

 

集団ストーカー トラブル 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視

嫌がらせ、監視対策、思考盗聴、ストーカーの対策は、思考盗聴対策センターへご相談ください。
※無料相談はしていません。

 

 

無差別 危険行為
Tagged on: