電磁波と職場トラブル 過労死 自殺問題

職場でのトラブルは精神的にも肉体的にも大変つらいものです。残業手当が全くつかない職場もあれば、嫌ならやめろといった強気の職場もあるでしょう。
退職に追い込む為の工作も考えられます。個人の情報を集めてそれをネタに嫌がらせが行われるケースも多くご相談が寄せられています。
思考盗聴対策はお早めに 思考盗聴対策センター

「電通」強制捜査「残業200時間」近くの社員も

ニュースを騒がす違法な長時間労働問題で、家宅捜索を受けた大手広告代理店「電通」。
1カ月に200時間近く残業していた可能性のある社員もいたことがわかったようです。
厚生労働省の労働局は、この件で電通の本社や支社に家宅捜索を行ったということです。
入退館記録などを調べた結果では、1カ月の間に、勤務時間以外で会社に残っていた時間が、200時間を超える社員もいたそうです。
このうち何時間が残業にあたるか、よりくわしく調べが進められます。
30人以上の社員が、実際より100時間以上も残業時間を少なく申告していたこともわかっており、会社の悪質性が疑われています
自殺者も出ており、厚労相は、「書類送検を視野に入れつつ、まずは、しっかりと捜査を尽くしていかなければならない」と述べています。
思考盗聴の二次被害を防ぐ方法

職場の嫌がらせで自殺をほのめかされる 思考コントロール

何度も繰り返し誹謗中傷を受けることで思考をコントロールされることがあります。
事実ではないことを吹き込まれることもあり、現実と想像が入り乱れた複雑な考えに導かれることで、より一層問題が複雑化します。
そういったことにならない為にも、早期対策が必要です。
思考盗聴対策センターお問い合わせ
思考盗聴対策センターお問い合わせ 秘密厳守で安心

 

電磁波と職場トラブル 過労死 自殺問題
Tagged on: