一方的 身勝手な嫌がらせ 思考盗聴

熊本県人吉市で去年5月、当時17歳の高校3年の女子生徒が殺害される事件がありました。
この事件で殺人罪などに問われた48歳の赤石弥(わたる)被告の裁判員裁判の判決が熊本地裁でありました。
懲役18年(求刑・懲役23年)を言い渡されました。
裁判長は「非常に悪質な犯行で、動機は身勝手極まりない」と述べています。

 

熊本県 女子高生殺害 事件 人吉市

熊本県人吉市で昨年5月、高校3年の女子生徒(当時17歳)を殺害したとし殺人罪などに問われた赤石被告。
赤石被告は昨年5月4日午後0時15分頃、高塚山で女子生徒の首を背後からロープで絞めて窒息死させたといいます。

公判で、検察側は「事前にレンタカーやロープを用意するなど計画性があり、完全に責任能力はあった」と主張。
一方、弁護側は「慢性的な適応障害で、犯行時は善悪を判断する能力が著しく低下しており、刑事責任能力は限定的だ」と反論。

判決は、動機について「自殺願望があった被告が、好意を寄せていた生徒を殺害すれば、絶望して自殺できると考えた」と認定しました。
そのうえで、動機には障害の影響が一定程度あったとしたものの、「遺体をシートで覆って犯行を隠そうとするなどしており、完全責任能力があった」と結論づけました。

 

思考盗聴 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視 音声送信

自殺願望と、殺人行為がつながるとは考えにくいと思いますが・・・
絶望を感じるほどの好意を寄せている相手が、女子生徒であったと言うことにも目を向けるべきではないでしょうか。
疑問を感じます。
18年後に社会に出てくると思うとゾッとします。

身勝手な嫌がらせでお困りの方は、ご相談ください。
一方的な音声送信などでお困りの方からのご相談が増ええいます。
思考盗聴対策センターへご相談ください。

盗聴、盗撮、嫌がらせ、監視対策、思考盗聴の対策は、思考盗聴対策センターへご相談ください。
※無料相談はしていません。

 

一方的 身勝手な嫌がらせ 思考盗聴