思考盗聴 脳内盗聴被害 警察相談した結果

「頭に直接話しかけないで!」耳をふさいでも聞こえてくる声の存在に、毎日辛い思いをしている方からのご相談が寄せられています。
中には警察に相談した経験があるものの、理解されないと言う声も数多く寄せられています。
それは当然です。全てが警察対応でまかなえるわけではありません。要件が備わった時に警察に任せるのが良いでしょう。

追跡される被害 虚偽報告

虚偽報告の疑い、巡査部長を書類送検へ パトカーに追跡
伊勢原市の市道でパトカーに追跡された乗用車が住宅のブロック塀に衝突する事故がありました。
運転していた27歳の男性は死亡しています。
この事故では虚偽の報告書を作成したとして、県警が虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで問題になっているようです。
パトカーに乗車していた第2交通機動隊の男性巡査部長が書類送検されるようです。
巡査部長は乗用車を途中で見失ったなどと報告していたようですが、
事故の直前まで追跡していたことが分かりました。
「大きな事故になったので大変だと思った。怒られ処分されたりするのが嫌だった」
などと話しているようです。
交差点で信号待ちしていた男性に職務質問をしようと試みたところ、
信号を無視して発進したため追跡を開始したようです。
1度見失ったが追跡を続けていると、その後事故が起きたようです。
当初は、「不審車を追跡していたが、(途中で)失尾したため(追跡を)打ち切った」
などとし報告書を作成していたようです。
事故現場の手前に設置された防犯カメラ映像から発覚しています。

第三者に分かりにくい思考盗聴被害とガスライティング

思考盗聴や脳盗聴、またガスライティングも分かりにくい被害といえるでしょう。
特に思考盗聴など、ターゲットにしか分からないこともあり理解しがたい内容の場合は被害を伝えた相手に気味悪がられることもあります。
伝え方はよく考える必要があるでしょう。
また、声の存在とのコミニュケーションが成り立つ場合は特に注意が必要です。
同じ感覚で職場の人に話しても伝わらないことがあります。
同様に家族や友人にも理解されないことも。
一人で悩まずに、思考盗聴対策センターへご依頼ください。
思考盗聴対策センターお問い合わせ
思考盗聴対策センターお問い合わせ 秘密厳守で安心

 

思考盗聴 脳内盗聴被害 警察相談した結果
Tagged on: