思考盗聴の危険!道路トラブル事故につながる音声送信対策

思考盗聴被害が進むと声の存在が気になるところです。四六時中話しかけられる、動揺するようなことをささやかれる。時には命令されるなど、人によってケースは違うものの生活に支障をきたすことが起こりかねません。
原因を知って早期対策をすることが最悪の事態を避けることにつながります。
 思考盗聴 解決手段 解決方法

運転中の音声コントロールの危険性

男児3人に重軽傷を負わせた23歳の女が過失傷害容疑で逮捕されました。
九州の宮崎市大塚町の市道で小学生の男児3人が軽乗用車にはねられました。
うち1人が意識不明の重体になっています。
この事故で、宮崎県警は車を運転していた宮崎県国富町嵐田の職業電話オペレーターの女を自動車運転処罰法違反(過失傷害)容疑で逮捕しました。
逮捕容疑は宮崎市大塚町鵜ノ島の市道で、軽乗用車で帰宅中に、横断歩道を歩いて渡っていた市内の小学2年の男児2人と小学3年の男児1人をはねて重軽傷を負わせたものです。
「はねてけがさせたことは間違いない」と容疑を認めているようです。
小2の男児が頭を強く打ち意識不明の重体、また小3の男児は右足骨折の重傷、小2の男児は額に軽いけがを負っています。
3人は少年サッカーチームに所属しており事故現場近くのグラウンドで練習していたところ、近くのトイレに行こうと道路を横断してはねられたとみられています。
見通しの良い直線道路のようです。
 思考盗聴からくる指示や命令

思考盗聴の恐ろしいところ!指示命令の恐怖

思考盗聴の不安は経験した人にしか分からないものでしょう。
先読みされたり、思考を知られることで脅迫のネタにされることも考えられます。
男女の恋愛やデリケートな体のことも対象になっているケースがあります。
一人で悩まず、思考盗聴対策センターへご依頼ください。秘密厳守で安心です。
思考盗聴対策センターお問い合わせ
思考盗聴対策センターお問い合わせ 秘密厳守で安心

 

思考盗聴の危険!道路トラブル事故につながる音声送信
Tagged on: