集団ストーカー クロスボウの男

茨城県で起きた、帰宅途中の男性の足首を矢が貫通した事件。
この事件と、別の事件を起こした人物が同一犯である可能性があるそうです。
容疑がかかっている男については、周囲の人から被害妄想があると言う声も出ています。
本当に被害妄想なのかどうかは分かりませんが。

 

クロスボウ持ち歩く男 集団ストーカー

茨城県で、自転車に乗った帰宅途中の男性がクロスボウの矢で足を撃たれた事件で、
「クロスボウを持って歩いている男がいた」との警察への情報提供が匿名であったそうです。
この情報などから、別の58歳の男性への傷害事件で捜査中だった36歳の男が浮上しています。
警察がこの傷害事件の容疑の男の自宅を家宅捜索したところ、クロスボウが見つかったといいます。

男を知る人「ちょっと髪を金髪風に染めてみたり、ちょっと近寄りがたい風貌というか、そういう印象はあった」
「やんちゃはやんちゃだった。ケンカしたりとかいろいろ」
と言う声もあります。
警察は、犯行に使われた矢と押収された矢の形状が似ていることや、
事件現場で目撃された白い車と同じ白い車を所有していたことからも36歳の男が事件に関与した可能性があるとみて調べています。

思考盗聴 音声 送信 集団ストーカー

思考盗聴のご相談は、思考盗聴対策センターへご依頼ください。

 

クロスボウ 集団ストーカー
Tagged on: