思考盗聴 音声送信でミス誘発 嫌がらせ対策

思考盗聴による音声送信被害は、職場でも行われるケースがあります。大変悪質なケースではわざとミスを誘うように話しかけてくるものもあります。ミスを誘発し、作業の流れを止めたり、クレーム、人間関係のトラブルなど二次被害三次被害へと問題が大きくなります。早期対策が必要です。

 

命の危険 鹿児島空港 ニアミス問題

今年は特に飛行機のニアミスが多いと思いませんか。
国土交通省は11日、鹿児島県霧島市の鹿児島空港の南東約5.4キロ上空で、日本航空機と訓練飛行中の新日本航空(同市)のプロペラ機が、ともに着陸しようとして異常接近したと発表しています。
どちらも無事でけが人もありませんでした。
2機が最接近した時の距離は不明ですが映像からは緊迫した状況が伺えます。
日航機は羽田発651便(ボーイング767、乗客乗員計250人)は10日午後4時50分ごろ、管制の許可を受けて着陸態勢に入りました。高度約300メートルを降下していたようです。すると前方左側から新日本航空のプロペラ機(乗員2人)が割り込むように旋回してきたのです。このプロペラ機は同じ滑走路方向へ向きを変えてきたのです。

プロペラ機を確認した日航機の機長は自らの判断で再上昇して回避しました。その約15分後に無事着陸したようです。
衝突防止装置(TCAS)も作動して警報音が鳴ったというニアミスです。
危険ですね。

 

思考盗聴 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視 音声送信

盗聴、盗撮、嫌がらせ、監視対策、思考盗聴の対策だけではなく、
近隣トラブル(ご近所トラブル)や職場トラブルのご相談も増えています。
思考盗聴対策センターへご相談ください。

 

 

 

思考盗聴 音声送信でミス誘発 嫌がらせ対策
Tagged on: