思考盗聴 認知機能の低下問題

思考盗聴でお困りの方の中には認知機能の低下を感じている方もいるようです。
思考盗聴だけではなく、音声送信被害を行けているケースでは「声」による誘導やコントロールで記憶が定かではなくなっているケースも見受けられます。思考盗聴は、早期対策が最悪の事態を防ぐことになります。

 

鉄道事故で22人死亡 認知症

2014年度に認知症の人が死亡した鉄道事故が、少なくとも22件にのぼることが国土交通省によりわかりました。
愛知県で2007年に列車にはねられて死亡した認知症の男性の遺族がJR東海に訴えられています。
この裁判が関心を集めています。
国交省は全国の約200の鉄道会社から、事故や輸送トラブルが起きた場合に死傷者の数や運休本数などの報告を受け。
当事者が認知症と把握できた場合、備考欄に記載するよう求めているそうです。

2014年度に認知症の人が起こした事故・輸送トラブルは28件あり、
このうち22件は死亡事故で22人が亡くなり、ほかに3件の事故で3人がけがをしていたそうです。

 

思考盗聴 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視 音声送信

思考盗聴が原因で起こるトラブルは秘密にしたいと言う声が多く寄せられます。
盗聴、盗撮、嫌がらせ、監視対策、思考盗聴の対策だけではなく、
ご近所トラブルや職場トラブルのご相談も増えています。
思考盗聴対策センターへご相談ください。

 

思考盗聴対策センターお問い合わせ
思考盗聴対策センターお問い合わせ 秘密厳守で安心

お名前 (必須)

ふりがな (必須)
 

ご住所(必須)
 

電話番号(必須)
 

メールアドレス (必須)

性別(必須)
 男性女性

年代(必須)
 

検索ワード(必須)
 

調査について(必須)

その他を選んだ場合
 

相手について(必須)
 

その他を選んだ場合
 

題名

内容

※メールアドレスにお間違いがないかもう一度お確かめください。
数日たっても返信が無い場合は、お客様のメールが届かないように設定されている可能性があります。当社からのメールが届くように変更して、もう一度こちらのメールホームからお問い合わせください。
※無料相談はしておりません。ヒアリングから費用を頂いております。
 

思考盗聴 認知機能の低下問題
Tagged on: