思考盗聴 認知症 疑い 音声送信

思考盗聴や音声送信による被害などを第三者には分かりにくい被害です。認知症扱いされることもあるようです。
残念ですが、理解されないには理由があります。巧妙に仕組まれた策を紐解く作業が必要です。抽象的な主張は不信感を与えることになるでしょう。

 

世界の認知症患者 2050年に3倍 報告書

世界の認知症患者の数が、現在の4700万人から2050年には約3倍の1億3200万人に達する可能性があるとする報告書が発表されました。
国際アルツハイマー病協会が作成した「世界アルツハイマー報告書2015」の中で、
認知症患者の数は世界の高齢化が進むにつれて急激に増加するとされています。

報告書では、世界に9億人いるとされる60歳以上の高齢者人口が、今後35年間で、富裕国で65%、中低所得国で185%、貧困国で239%とそれぞれ増加すると予測されようです。

毎年の新規患者数をめぐっては約990万人と推定さており、これは3.2秒ごとに患者が1人増える計算になるようです。
この数字は、2010年の推定値に比べるとなんと30%も高いものとなっているそうです。

認知症の治療にかかる費用も同じく増加しています。日本国内においても大きな問題です。

 

思考盗聴 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視 音声送信

盗聴、盗撮、嫌がらせ、監視対策、思考盗聴の対策だけではなく、
近隣トラブル(ご近所トラブル)や職場トラブルのご相談も増えています。
思考盗聴対策センターへご相談ください。

 

 

 

思考盗聴 認知症 疑い 音声送信
Tagged on: