脳内盗聴の危険!情報の抜ける場所への警戒

思考盗聴でお困りの方の中には、盗聴器や盗撮カメラの不安も多く、携帯電話やパソコンなどのインターネットからの情報漏洩の不安ももたれている方がいます。
通信機器は今では生活の必需品。使い方には十分気を付ける必要があるでしょう。
 思考盗聴の日常化が招く最悪の事態

強引な携帯販売へ覆面調査潜入!苦情増加からの対策

総務省では、利用客の苦情が多い携帯電話販売店に対して「覆面調査」を始める方針をだしました。
覆面調査とは来店客を装った調査員が店舗に入ります。
契約内容を十分に説明しているかなどを調べるのです。
そこで不適切な事例があれば、総務省が是正を促すというものです。
携帯電話販売では年々苦情が増え続けているための対策ということです。
この覆面調査は来年1月にもスタートするようです。
文部省から委託を受けた民間の調査員が販売店で携帯電話の契約手続きを進め、店員の説明の仕方や提示する書類のチェックを行います。
 思考盗聴からくる指示や命令

覆面調査 潜入捜査 情報仕入れる方法

覆面調査は一般でもよく行われていることをご存知でしょうか?
どこで調査の対象になっているか分からないようにするのが覆面調査です。
費用が掛かる調査ですが、依頼するところも増えています。
思考盗聴対策センターお問い合わせ
思考盗聴対策センターお問い合わせ 秘密厳守で安心

 

脳内盗聴の危険!情報の抜ける場所への警戒
Tagged on: