思考盗聴 うつ病 診断 のう盗聴

思考盗聴や脳盗聴を訴えると精神科へ行くように促されることがあるようです。
そこ診断される病名は様々ですが、うつ病だと診断されることもあります。誰もが多少の経験はあるものの、薬を飲むほどのものでは無いかもしれません。薬を飲んでも、うつになっている状況自体を変えなければ薬から離れられないのではないでしょうか。負のスパイラルの始まりには注意が必要です。

 

医療 健康 うつ病治療で副作用 多剤併用で症状悪化

抗うつ薬の一つ「SSRI」を使ったうつ病治療で、不安感や自殺衝動、攻撃性などの副作用が出ることがあるという報告があったようです。この副作用症状を双極性障害(躁(そう)うつ病)と診断され、薬を追加される例が増えているのだそうです。複数の薬を併用することによって症状が悪化する患者も少なくないようです。

ある兵庫県の40代主婦は10年前、クリニックでうつ病と診断されてうつの薬と睡眠薬を処方されました。
その約1カ月後から怒りやすくなり、夫との口げんかをきっかけに睡眠薬をまとめて飲んでしまったそうです。
意識がもうろうとなった経験があるそうです。
その後も不安定な状態が続き、走行中の車や自宅マンションから飛び降りるなど一歩間違えば命を失う行動をとったが、恐怖を感じなかったのだとか。

 

思考盗聴 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視 音声送信

思考盗聴や脳内盗聴でも同じような経験をされている方がいます。恐怖を感じない所も不安ですね。

盗聴、盗撮、嫌がらせ、監視対策、思考盗聴の対策だけではなく、
近隣トラブル(ご近所トラブル)や職場トラブルのご相談も増えています。
思考盗聴対策センターへご相談ください。

 

 

 

思考盗聴 うつ病 診断 のう盗聴
Tagged on: