思考盗聴とアダルト被害 見られて聞かれて生活が覗かれる

生活のあらゆる場面を監視するかのように覗かれる嫌がらせ。あなたは耐えられますか?
思考盗聴による嫌がらせは男女問わず苦しめられています。
人としての生活、そのすべてを監視されるのは監禁されているのと変わりません。
精神的な苦痛も伴います。

 

思考盗聴の日常化が招く最悪の事態

トイレも風呂場も覗かれる 好奇の目で見られる思考盗聴の監視

勤務する高校の女子トイレに盗撮目的でビデオカメラを設置したとして岡山県倉敷市の県立高校講師の男が逮捕されました。
逮捕容疑は倉敷市の高校校舎1階の女子トイレに侵入して個室の仕切り板の上に小型のビデオカメラを設置した疑いがもたれています。
小型カメラ3台やパソコンを自宅などから押収し、他にも同様の行為がないかを調べているようです。
勤務態度は真面でも裏では何をしているのか分かりません。

 

思考盗聴 解決手段 解決方法

現状を把握した対策で無駄を省く 思考盗聴対策方法

画像をインターネット上で拡散するなど、陰湿な行為の懸念も否めない問題です。公共の場だけではなく、自宅が狙われるケースもあります。
女性の被害だけだと思われがちですが、男性もターゲットになることを知っておきましょう。

設置された機材を撤去する際にも、注意が必要です。
犯人確保のためにも方法をよく考えて対処するのが良いでしょう。

まずは、調査によって現状を知ることから始めましょう。

思考盗聴対策センターお問い合わせ
思考盗聴対策センターお問い合わせ 秘密厳守で安心
思考盗聴によるアダルト被害の防止方法 盗撮画像流出の不安
Tagged on: