思考盗聴 ほのめかしで思考がおかしくなる 脳盗聴

思考盗聴や脳内盗聴が数か月続くことでだんだんと思考回路が変わっていくことがあるようです。常に考えたことが漏れ、話してもいない自分の考えに対して指図されることもあり、ゆっくりと過ごすことさえも批判されることもあります。
思考盗聴の苦しみは、どんどんエスカレートする傾向があり早期対策が必要です。

 

レクサス販売店に車突っ込む 展示の車壊れる 高松市浜ノ町

ほのめかしなどで思考がしっかりとしていない状態での車の運転は大変危険です。
事故につながる危険もあります。

4日午後4時半ごろ、香川県高松市浜ノ町の自動車販売店レクサス高松で事故が起こりました。
さぬき市の無職女性の軽乗用車が店舗に突っ込んだのです。
女性は救急搬送されたが意識はあるようです。
店内の従業員にけがはありませんでした。
店によると、事故で展示していた高級車が壊れたようです。

 

思考盗聴 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視 音声送信

高級車を壊してしまうと、請求額も大きくなりますね。ほのめかしやささやき声に集中することで、周囲の状況に判断が怠ることもよくあります。

盗聴、盗撮、嫌がらせ、監視対策、思考盗聴の対策だけではなく、
近隣トラブル(ご近所トラブル)や職場トラブルのご相談も増えています。
思考盗聴対策センターへご相談ください。

 

 

 

思考盗聴 ほのめかしで思考がおかしくなる 脳盗聴
Tagged on: