原因不明の症状 新技術での攻撃

様々な方法で行われる嫌がらせが、毎日のように続いていませんか?
長い間苦しめられる声による誹謗中傷や命令は生活に支障をきたします。
外出するのがおっくうになったり、仕事にすら行く気力を奪う原因になりかねません。
人を見れば、攻撃するように命令されたり、不可解な行動をとるように指示される被害者もいます。
言いなりになっても解決することはありません。
思考盗聴対策センターへご相談ください。
思考盗聴の二次被害を防ぐ方法
 

音響攻撃の不安

世界的に不安な問題が起こっているようです。
ニュースによるとキューバで奇妙なことが話題になっているのだとか。
記事によると、
キューバに駐在する米大使館員の多くが体調不良を訴えており、体調不良の原因が「音波」ではないかと指摘されているようです。

2017年9月、米国務省はキューバから米大使館員の半数以上を帰国させると発表し、その理由は、
「これまで数カ月以上にわたり、多数の在キューバ米大使館の職員が攻撃の的になってきた。
職員たちは、耳の病気や聴覚消失、めまいや頭痛、倦怠感や内臓機能障害、認識能力障害、睡眠障害など幅広い身体的な症状を訴えている」

症状以外にも、
嘔吐
鼻血
平衡感覚障害
脳震盪(のうしんとう)
脳腫脹(のうしゅちょう)などの脳損傷
記憶障害
会話障害

などが起きていると報じられているのだそうです。

 

嫌がらせに応用される不安と懸念 新技術

新しい技術のほとんどは、軍用のものが民間に波及していくことがほとんどです。
実験台にされる不安を抱えている人もいるようです。

まずは、自分自身に何が起こっているのか正確に理解することが必要です。
自分自身に起こったことを話しても第三者には理解されないことも多いと思います。
被害に遭っていない人が聞いても分かるようにすることが必要です。
難しいこともあると思います。
手間もかかるでしょう。
しかし。諦めてしまえばそれまでです。
泣き寝入りせず、一つ一つの疑問を明らかにし、解決していきましょう。

思考盗聴対策センターお問い合わせ
思考盗聴対策センターお問い合わせ 秘密厳守で安心
音響攻撃!不安をあおる新技術
Tagged on: