思考盗聴 脅迫被害 音声送信で脅される

思考盗聴や脳内音声被害でお困りの方は、思考盗聴対策センターへご相談ください。情報収取されプライバシーを監視されるだけではなく、脅迫めいた音声送信や指示、命令がなされることもあります。早期対策が必要です。思考盗聴対策センターへご依頼ください。

 

脅迫文 脳内命令 音声送信 京都府

拘置所から病院に脅迫文を送りつけ、現金を脅し取ろうとしたとた男が恐喝未遂で逮捕されました。
京都府警京丹後署は29日、恐喝未遂の疑いで、京都拘置所(京都市伏見区)に収監中の43歳の男=窃盗罪で実刑確定=を逮捕しました。

同署によると、「わしは悪くない」と容疑を否認しているようです。

京丹後市内にある病院の40代男性医師を名指しして、
「皆様に迷惑がかかるかもしれないです。お手数をおかけしますが、約束の代金14万円を送金してください」などと書いた手紙を郵送し、現金を取ろうとした疑いがあります。
この手紙は丁寧な言葉でつづられていたため、拘置所の検閲をすり抜けたとみられています。
名指しされた40代の男性医師は、手紙が郵送される直前、指定薬物の危険ドラッグを所持したとして医薬品医療機器法違反容疑で同署に逮捕されていました。

6月22日、病院側から同署に相談があったことで事件が発覚しています。手紙に容疑者の住所や実名が記されていたことなどから、本人と特定したそうです。

 

思考盗聴 嫌がらせ 電磁波 盗聴 盗撮 監視 音声送信

拘置所内にも魔の手が忍び込んでいるようです。

盗聴、盗撮、嫌がらせ、監視対策、思考盗聴の対策だけではなく、
近隣トラブル(ご近所トラブル)や職場トラブルのご相談も増えています。
思考盗聴対策センターへご相談ください。

 

 

 

思考盗聴 脅迫被害 音声脅迫
Tagged on: